« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

三恵ビル

先日、ルーチンの朝の運動をしていると
なんだか、三恵ビルの様子がおかしい。
足を止めてよ~く観察すると
郵便受けがはずされているではないか!
少し前から、一階に入っていたテナントが
抜けている事には気づいてはいたが・・・。

取り壊される前に記録しとかないとということで
さっそく昨日の夕方、仕事を一段落させてから
カメラ片手に行ってきました。

ウ~ン、格好いいですね☆






玄関扉の色と言い、時代を感じますね~。

住居フロアーにのぼってゆくと、既に柵がしてありました。
柵の隙間をくぐって、ちょっと見せてもらいましたが
既に一部の解体が始まっている模様。
鳥栖で一番好きな建築だっただけに本当に残念です。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

草枕の里を歩く

10日の日曜は、朝から熊本県の小天へ。
前々から行きたいと思っていたところだ。
僕の好きな作家の一人、夏目漱石草枕の舞台として
その名が知られている。

3号線を熊本方面へ。
途中、八女市立花体育館に立ち寄る。

僕が好きな建物の一つ。


興味のない人には、どこがいいのか分からん。
ただ古いだけと言われますが・・・(笑

3号線を右折して6号線にのると、山道がうねうねと続く。



この日は天気が良く、釣り人の姿も。
何を釣ってるのかな?

玉名市からは、501号線で小天へ。
小天に入って、車で20分ほど山道をのぼった所の
野出の茶屋跡で駐車。
その後、徒歩で漱石が熊本から小天まで歩いた旧道をたどる。

みかんの木が、あたり一面びっしりと植えられている。


こんな山道を、漱石は熊本から歩いてきたんだなぁ。






みかん小屋の赤い屋根がカワイイなぁ。


段々畑が美しい!

水を持ってきてなかったため、これはまずいなぁと思いつつ
とりあえずこのまま山をくだって行くしかない。

険しい山道から少しひらけた集落に出る。
水分補給せねばということで、自販機をさがすが・・・ない。
また来た道を折り返すわけにもゆかず
少し遠回りになってしまうが、自販機がありそうな
車でのぼってきた道を今度は歩きでのぼることに。

消防の鐘。


サボテンの花が、あまりにも美しかったのでパシリ☆

途中に自販機があったので良かったが、野出の茶屋跡までけっこう遠かった(苦笑
雲ひとつない晴天の空の下、2時間ほどかけて駐車場まで歩く。




野出から車で山をくだり、お次は草枕交流館へ。
ここでは、草枕と小天の関わりを紹介する映像を見せてもらい
展示物の説明をしていただいた。
係りの方は、僕につきっきりで懇切丁寧に説明してくれる。
僕は、こんなにも丁寧に説明してもらって悪いなぁと思っていたのだが
よく考えてみると、お客は僕一人だけだったのね(笑

そして、漱石が泊まったという前田家別邸が近くにあるということで見せてもらう。



ここに漱石が居たんだなぁと思うと、やっぱり感動しますね~。


ここが主人公の画工が入浴してるときに、那美が入ってきたお風呂。
ファンにはたまりませんね!

前田家別邸を出るときには、もう既に日は傾きかけていた。
急ぎ、下調べしておいた実山展望公園へ。
もちろん、お目当てはコレ!




帰りに、草枕温泉てんすいにつかってスッキリ☆

やっぱり温泉はいいな~♪

小天は、雰囲気よし!景色よし!温泉よし!
漱石ファンならずとも、何度でも訪れたくなる場所でした☆
(ちなみに、ジブリ宮崎駿さんもスタッフ60人を連れて
2年前に小天を訪れていました。
宮崎さんは、草枕の大ファンなんだそうです)。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

久しぶりのサッカー観戦

あっ、しまった!
と思ったときには、時すでに遅し。
夕方、なんだかスタジアムの方が騒がしいなと思い
もしかしたら・・・とサガン鳥栖のスケジュール表を見ると
やっぱり、今日はナビスコカップの浦和レッズ戦だったのだ。
いつもは、前売り買って(そのほうが500円安いのだ!)準備万端なのだが
久しぶりのゲームでうっかりしていた。

さっそく、歩いて10分ほどのスタジアム窓口まで歩き、当日券を入手。
浦和戦ということもあり、いつもよりお客さんの数がが多いような気がする。
チケット買ったら一旦帰宅。

なにしろ歩いて10分の距離。
のんびりできるのだ(ちょっと優越感・笑)。
やり残していた雑用をちゃちゃっと終わらせて
さぁ~行きますか!


小さなスタジアムですが、こじんまりとしてとっても観戦しやすいんですよ。


サッカーがあるときはお店がいっぱい出て
ついでにダフ屋のおっちゃん達も来ていてにぎやかなのだ(笑


スタジアムに入ると、平日にもかかわらず遠い所から
相手チーム浦和の真っ赤なサポーター達がたくさん来ている。
さすが、浦和のサポーターはちがうなぁ~


僕はというと熱狂的サガンサポーターで飛んで跳ねて応援する・・・
ではなく、ホームサポーター席2階の静かな所に座り
空を見上げて試合開始までボーっとしているのであります(笑
頭の中では、こんなBGM流しながら♪
⇒流星 / Aoi Teshima


試合はというと、サガン鳥栖が2-1で勝利☆
前半0-0で折り返し、後半豊田選手のヘディングで先制。
その後、浦和の猛攻を受け1点返されて同点に。
あぁ~、今日は引き分けか~
と思っていた矢先、金(キム)選手に代わって入った水沼選手が
30秒ほどで2点目の決勝点をきめる。
やるねぇ~、サガン鳥栖☆




っということで、勝って上機嫌で帰宅したわけです。
帰りの渋滞で動かない車の列を横目に見ながら
もちろん帰宅時間10分の優越感をしっかりとかみしめながら(笑

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »