« 雨雨ふれふれ | トップページ | 待ちに待った雨 »

2014年6月10日 (火)

雨を楽しむ仕掛け

前回は、給水ソケットを付けたところまででしたね。
水中ボンドを丸一日乾かしたら

シールテープを巻いてカランを取り付けます。

そしてもう一箇所、桶の上部につけたソケットには

ホースを接着剤により接続。

お次は、接着剤が乾くまで雨樋の方を。
雨だれで汚れた樋を途中で切断し

塩ビの樋のエルボを突っ込む。
エルボだけだと周りに飛沫が飛んでしまうので
5センチほど延長させるのがポイント
(ちょっとしたところだけれど、これ大事。
勢いよく雨水が流れている時はいいのですが
流れが無くなってくると、竪樋伝いに水は流れず
しずくとなって直でエルボを直撃し飛沫を撒き散らすのです)。

塩ビの樋に合わせて

色を塗ってと。
下塗りなしで一発で仕上げを塗ったら
汚れが浮いてきてしまったので2回塗り
(手を抜こうとしちゃダメですね~)。

杉の端材を持ち出してきてお次は何を?

真鍮釘を打ち込んでと。

こんな感じ。
ちょっと重たくなりすぎちゃったかな・・・(苦笑

藤森さんがラムネ温泉でしていたので真似てみました。
やっぱりちょっと不細工だな~、まぁいいか(笑

はい、完成。
雨水を樋で導き桶にため
下のカランをひねって水やりなどで雨水利用。

桶上部でオーバーフローさせて
後に見えてるホースで排水するというわけです。

鬼瓦を利用して坪庭風に設えてみました。
あとは、コケがもう少しふんわりとなってくれるとオッケーですね。
はやく降ってくれないかなぁ、雨が待ち遠しいな~♪

| |

« 雨雨ふれふれ | トップページ | 待ちに待った雨 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨を楽しむ仕掛け:

« 雨雨ふれふれ | トップページ | 待ちに待った雨 »