« 骨折しました | トップページ | 安らかな日曜日? »

2014年8月 3日 (日)

「三角」の話

住宅地を何気なく見ていると
うーん、あれでいいのだろうか?
という納まりの住宅が目につく。
切妻屋根の軒天のフラットにはられたケイカル板が
ケラバの方にまわり
破風板のところで三角になっているのだ。
建物に携わる仕事をされている方なら
「あぁ、アレね」
とすぐに了解いただけると思うが
軒先にドーンと「三角」ができて
何とも見苦しい納まり。
デザイン上、あえて「三角」にしているのなら
それは個人の好みですが
僕の見たところ
何も考えませんでしたという体での「三角」が
大半を占めている模様。
僕の身のまわりの何十年と設計業務
(それが設計と言えるかどうか疑問ですが)
をされてきた方の中にも
「めんどくさ~い、どうせクライアントには分からな~い」
と思っておられるのか
はたまた「三角」に見苦しさを感じないセンスの持ち主なのか
あの白々とした「三角」を堂々とつけている方がおられる。
今まで、どんな建物を見て勉強されてきたのだろうか・・・
あのカッコ悪さが分からないなんて
僕の感覚では、まったく信じられません。
おっと、この記事を読んでおられる方の中にも
三角の家の住人がおられるかもしれませんね。
たいへん失礼なことを言ってしまいました。
そういう方は断固として
「うちの家は違います!」
「うちの家はデザイン上あえて三角にしているのです!」
と自分に言い聞かせてください(重ね重ね失礼!・笑
それから、今から家を建てようと考えておられる方は
きちんと志を持って活動されている設計者を選択されるよう
十分に御注意を。
そうしないと、あなたの家にもあの「三角」がついてきますよ~
(あぁ~、くわばら、くわばら・笑

| |

« 骨折しました | トップページ | 安らかな日曜日? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三角」の話:

« 骨折しました | トップページ | 安らかな日曜日? »