« 現場進捗状況② | トップページ | 『量のない質はない』 »

2015年11月24日 (火)

当たり前の仕事を丁寧に

根切り、砕石転圧の次は、捨てコンクリート打ちです。

捨てコンクリートとは何ぞやと言うと、
これからつくる基礎位置を30~50ミリの厚さのコンクリートに
墨出するために使用するコンクリート。
現場では捨てコン、捨てコンって、みんな呼んでいます。

捨てコンなしでもいいですか?
っと言われる基礎屋さんが、たまにいらっしゃいますが、
捨てコンなしでは、高い精度で基礎をつくることが難しいため、
今から家を建てようと考えられている方は、細かいことですが、
そのこと頭の片隅にでも置いておいてくださいな。

さて、それから防湿シートを敷く作業。

僕の好みとしては、捨てコン前にシート敷いて、
そのシートを押さえ込むようなかたちで捨てコンを打ちたいところですが、
この辺りは、各々の業者さんによって順番が入れかわったりしますね
(捨てコン打ってからシート敷くと、シートが風であおられめくれることと、
めくれたはずみで、破れたりする原因になるので・・・)。

さて、ここでの確認事項としては、
・シートの厚みは、良いか。だいたい、0.15か0.2ミリですね。
・重ね代は、150ミリ以上取られているか。欲を言うなら、重ねた上にテープで止めたい
(重ねるだけだと、コンクリート打つ時にめくれることがあるので)。

そして捨てコンに墨出したら、基礎配筋の流れに。

最近はベタ基礎が主流で、布基礎を見るのは稀ですね~
(木造住宅の場合、地盤がしっかりしていれば、もちろん布基礎でもオッケーですよ)。
配筋チェックは・・・監理者にお任せしましょう!
(クライアントさんは、時々現場に顔出して、見てますよアピールで十分ですw)

チェックポイントをざっと上げるだけでも、
・鉄筋のサイズ、その間隔、かぶり
・なまし鉄線でしっかり固定されているか
・鉄筋の継手及び定着長さはとれているか
・スリーブ部分などの開口補強筋とそのかぶりは?
・スペーサーの有無とその間隔は良いか
・コーナー補強筋は?
などなど・・・。
ねっ、よく分からないでしょ?
だから、この辺りは信頼できる監理者にお任せしましょう。

配筋終えたら、瑕疵担保の検査です。
当たり前に施工されていたら、ここは問題なくオッケーでしょう。

検査通過したら、基礎底盤のコンクリート打ち。
っということで、今日はお昼から現場へ行ってまいりました。

打設前の確認、
・ホールダウン金物の位置にズレはないか最終確認
・防湿シートがめくれていないか、破れはないか
・コンクリート打設レベルの位置は良いか
・型枠設置状況は良いか

そしてそして、打設状況の確認、
・バイブレータの使用方法は適切か
・均し、タンピング作業の確認
・スリーブにズレはないか
・底盤の厚さは図面通りか

確認事項ばかりで、なかなか・・・。
でも、これやって当たり前の仕事。
当たり前の仕事を、一つ一つ丁寧にですね~☆

| |

« 現場進捗状況② | トップページ | 『量のない質はない』 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前の仕事を丁寧に:

« 現場進捗状況② | トップページ | 『量のない質はない』 »