« 何事もやってみなくちゃ | トップページ | スケッチで伝える »

2016年6月19日 (日)

建築、うどん、アイスクリーム

先日、香川県へ行ってきました。
「何しに?」
と聞きますか。
「聞かなくってもだいたい分かるよ」
ですかねw


香川県と言えば・・・
讃岐うどん!
ですよね~。


っで、もう一つは?
「・・・」
香川県庁舎でしょうが!
(ちなみに、
県庁舎1日目は
日曜で内部が見れず
次の日、再訪し内部を見学)


屋上庭園から↓

丹下健三の代表作の一つですね。
見よ、この構造美!
という感じですね~。





細部のディテールも美しい。



雑誌でよく見る
ロビー↓
壁画は猪熊弦一郎



インテリアも
カッコ良かった!
コレ↓信楽焼スツールですよ。



何てったって
剣持勇が関り、
丹下も自らデザインしてますからね。



「美しいもののみ機能的である」
と言った丹下のこと、
納まりまできちっと
詰められていました
(元ネタはコルビュジェ
『機能的なものは美しい』ですね)。









もちろん、
いつものように
階段もじっくりと・・・









ピロティの階段も↓






香川は
丹下作品がまとまってあり、
県立体育館もあり↓






ダイナミックでしょ。
住宅が建ちならんでる所に
突如として建ち現れる
このボリューム、量塊が
何とも良かったです。






低いところは
2,200ミリまで
高さがグッと抑えられていました。

池に放水する
象の鼻のような樋、
内部の曲線を帯びた天井の感じなど、
コルビュジェのロンシャンみたい
(実際にロンシャン訪れてないのに
こういう風に言うのは何ですがw)。


懐かしいでしょ、
この窓口↓
ありましたよね~。



窓台がカッコ良かったので、
採寸&スケッチ↓

高さがFLから1,040ミリ、
壁からの出が80ミリ、
厚さが65ミリ、
立上がり厚が70ミリ。


そして、惜しいかな・・・↓

興味のある方はどうぞ
香川県立体育館 保存の会


それから、
高松駅から30分ほどの
一宮の団地も丹下作品↓



なんか、
日本じゃないみたいですよね。






メンテされると
ますます日本じゃないみたい↓



こんな団地、
一度住んでみたいです。



車止めもこの通り↓



香川は建築文化度高し。
丹下作品の他にも・・・


114銀行
あの雰囲気も良かったし↓






坂出人工土地
あのユニークさといったら
なかった↓

1Fに商業施設&市民ホール、
2Fに人工地盤こしらえて
集合住宅が建ち上がる。





道というより
建物と建物の
隙間といった感じ。
歩き回るだけで楽しい♪



見るのはいいが↓
住むのは大変?w






カッコイイでしょ↓



ステップを
浮かせて見せてるところなど
さすが大高正人
芸が細かい↓






そして、
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
(県庁の壁画を手がけた
猪熊さんですね)。



端正な空間で
いいですよね~。
この雰囲気が谷口建築。









建築だけじゃ
しょうがないですよね。
県庁前の「さか枝」で
本場のうどんを↓

注文の仕方が
よく分からずあたふたw
なるほど~、
天ぷらは別に頼むのね~。
さっぱりとした汁が
美味しかったです☆


そんで、新幹線の中では、
やっぱりコレでしょ↓

定番のバニラ。
溶けかけきたころが、
また美味しいんですよね~☆

| |

« 何事もやってみなくちゃ | トップページ | スケッチで伝える »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築、うどん、アイスクリーム:

« 何事もやってみなくちゃ | トップページ | スケッチで伝える »