« 職人気質 | トップページ | SEIKO »

2016年9月 8日 (木)

ちょっとした気づかい

この夏、妹とその旦那のカズくんが
赤ちゃんをつれて
神戸から遊びに来ていた。


「九州と言えば、やっぱラーメンやろぉ」
(僕の勝手な解釈ですが)
っということで、
かなり久しぶりに
僕のおすすめの店
麺徳屋』へ
(特にチャーハンセット。
チャーハンもうまかっちゃんね~)。


鳥栖から高砂まで、
ちょっとご機嫌斜めの
赤ちゃんをなだめすかして、
約1時間ほどの旅路w


味は妹夫婦ともに
(僕はもちろんのこと、どや顔w)
大満足だったのですが、
そこでのこと。


赤ちゃんのおむつを換えるために、
妹がお店に入るのが少し遅れたんですね。
っで、僕とカズくんは妹の分も含め
注文を済ませていたのですが…。


お店の人は、
「もうすぐ来られますかね?」
と言って僕らの分を
なかなか作りださない。
「もう来ますから作ってもらって
大丈夫ですよ」
と言う僕らを横目に、
妹の姿が見えるまで
待つんですよ。
「もう何分もしないうちに来るんだから、
もういいでしょ」
っと思っていたんだけど。


でも、分かるんだよなぁ~、
このお店の人の気持ちも。
お客とラーメンに対する
思いと姿勢がね!


自分の100%の技術で
腕をふるって作ったラーメン、
やっぱり一番おいしい
アツアツのものを、
お客に出したいじゃないですか。
この料理人のプライドというのか、
う~ん、この店はやっぱ信用できると
思わせられるものがあるんです。


っで、やっぱり最後は、
いつものように建築の話に
結びついて行っちゃうんですが
(建築バカの我田引水w


そういうちょっとした気づかい、
温かいものは温かいうちに
食べてもらいたいという、
そういう大事なところだけど、
ちょっと気を抜いてしまうと、
「まぁまぁ、いいじゃないの」
っとなりがちなところですね、
そこが(っというか、そここそが!
と僕は言いたいけど)、
建築を考えるうえでも
大事ポイントになってくるんです。


例えばね…
↓トイレがあって、入口の方から見ますね。

手前に手すりがあって、
奥に手洗い、ペーパーホルダー等が見える。


だけど…

収納は便座に座った位置からしか
見せない。


もちろん、戸をつける予算があるなら
話は別ですよ。
しかしコスト的に
建具はちょっと厳しいかなぁ
っというときには、
頭つかって考えるわけです。
もっとも単純なかたちで、
どのようにしたら
住み手が気持ちよく
生活できるかを。


そしてこの方法だと、
手洗いの配管類は棚奥にあり、
のぞき込まないかぎり
見えないようにもなっています。
収納のことだけでなく、
その先のこと、
もう一歩進められないかも合せて
考えてゆくわけです。


「どんな建築も、
途中の段階までは、
あまり変わりばえしないんですよ」っと、
ある著名な建築家が言っていたが、
最後の詰めですね、
そこんとこは、
ラーメン屋さんも設計屋さんも、
そして、ものづくりに関わる人
すべてに当てはまることだと思うけど、
仕事に対する姿勢、
自分をごまかさない態度、
そういうプライドを持ってないとね、
こういったちょっとしたところにも、
なかなか気づけないんですよね☆

| |

« 職人気質 | トップページ | SEIKO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした気づかい:

« 職人気質 | トップページ | SEIKO »