« 記録写真 | トップページ | 「お茶でもいかが?」のかたち »

2016年10月18日 (火)

心地よさ

人は、少しだけ秩序を与えられた方が心地いい。



例えば、体育館のような、
縦にも横にも、ただただ広い空間を前に
「はい、天井高くて開放感があるでしょ。
さぁ、好きに暮らしてもいいよ」
っと言われても、戸惑ってしまいますよね。


もっと極端に言うと、
「僕らは地球人、
地球丸ごとあなたの空間」
って言われても、
洞穴の中や森の木陰に、
身を寄せたくなってしまうんです。



そりゃあ、あらゆく行為や動作を邪魔したり、
遮ったりするものは、
何もないかもしれないけど、
それじゃ、そこは心地いいかと問われれば、
それは、明らかにノン!


じゃあ、心地いいところってどんなとこなの?
そこで設計屋は考える。


天井板の目地の方向を一直線に通して、
人の視線を奥に走らせたり、
奥には、少しこもったニッチ空間つくって、
そこに座面低めの造り付けソファこしらえたり。
あるいはまた、人間が無意識に、
明るい方を向いてしまう習性を利用して、
家族がゴロゴロくつろぐスペース、
「たまり」へと人を自然に導いたり…。


例を挙げればきりがないが、
そういう味付け、
その空間の方向性、
ある秩序で、
ゆる~く縛ってあげた方が、
落ち着けて心地いいのね。



そういう意味では、
「さあ、お好きにどうぞ、ご自由に」
って本当は不自由なんだな、
人間にとって。
「宝くじが当たったらどうする?」
って聞かれて、
あれもこれもで迷っちゃって、
即答できない感じ?
(庶民的な質問ですね~w)。

| |

« 記録写真 | トップページ | 「お茶でもいかが?」のかたち »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心地よさ:

« 記録写真 | トップページ | 「お茶でもいかが?」のかたち »