« 古び | トップページ | 心地よさ »

2016年10月13日 (木)

記録写真

先日、祝日を利用して、
『鵜木の家』の写真撮影を
してきました。


竣工写真は後日、
プロの方にお願いしているので、
僕が撮りに行ったのは、
記録としてという位置づけ。


2,3日前から
現像作業を進めてきたのが、
やっとこさ一区切りついたので、
一部ですが何枚かアップしますね
(プロの撮ったキレイな写真は、
後ほどホームページでアップ)。


まずはアプローチ側から↓

外構・植栽まで
設計したかったのですが、
予算の関係で断念。
クライアントさんが
少しづつ手を入れるとのこと…。


もういっちょ、正面から。
水平ラインを強調して
安定感をもたせる↓



内外部の関係をつなぐ
南側デッキ↓

階段の小上がりに応じて
デッキに段差をつけ、
内外の回遊性を。


シンプルな玄関↓

これ見よがしな形は
好きではないので。
個人的には、
キャンチで浮かせた
腰掛のところが
お気に入りです♪


すっかり生活感がでましたね、
ファミリースペース↓

天井が一直線で外へ抜けて、
なかなか気持ちがいいんですよ。
対角線上に視線を誘うのが、
広さを感じさせたいときのミソ。


こんどは逆の方から↓

あっ、洗濯物が写っちゃってますね。
ここは見なかったことにw
寒くなったら仕切れるように、
階段の前には建具が
つけられるようにしています。


玄関入って
突き当りの壁には、
地窓の抜けを↓

住宅は、ほんのちょっとしたところを
気づかうだけで、
グ~ンと住み心地が良くなります。
だからディテールが大事なんですね
(分かります?
抜け感を強調するために、
地窓の窓枠を
目立たせないように納めてるの)。


和室の踏込み床↓

こちらも見て見て!!
な床板ではなく簡素に。
しっとりとして良いでしょ
(よく、ピカピカした
床板を見かけますよね~、
あれ嫌いw)


はい、これで最後。
2階の予備室↓

お客さんも呼べるような
ゲストルーム的しつらいに。
現場サイドに
ウザがられながら?w
照明計画まで詰めた甲斐あって、
落ち着いた空間になりました。


そして忘れちゃいけないのが、
撮影の時にお招きした土屋さんのこと
(大学の後輩にあたる方です)。
そもそもアシストしてもらおうとして
来てもらったわけじゃないのに、
率先して雑用をテキパキとこなし
手伝ってくれました。
ホント助かった~!


網戸外したり
脚立を運んでもらったりと、
けっこう大変なんです撮影は。
(しかも諸事情で
工期が遅れてしまい、
引渡し前に撮影できなかった。
だからプライベートな空間に、
長々とお邪魔しちゃ迷惑だろうと、
こっちもバタバタ急ぎ足になるもんだから、
余計に土屋さんの助力に救われたんです)。
土屋さん、ありがとぉ~☆

| |

« 古び | トップページ | 心地よさ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記録写真:

« 古び | トップページ | 心地よさ »