« 本棚 | トップページ | レジ袋 »

2017年4月27日 (木)

思い込み

少し前の話なんですが…
香椎(福岡)に行く用事があり、
そのついでにある住宅を見に行った時の話。

九州で設計活動をされている人なら
一度は見に行ったことがあるような
けっこう有名な住宅です。

柿沼守利氏の設計、香住ヶ丘の舎。
見晴らしのいい高台の立地で、
傾斜のきつい道をのぼってゆくと
3寸勾配ほどのガルバ屋根が見えてきます↓
Pic1

クラッシャ―混のモルタル掻き落としの外壁に
深く張り出した軒先の陰影。
独特の雰囲気がありますよね↓
Pic2

玄関扉を見ると、白井晟一のところに
おられたのが一目でわかります。
変わったところにドアノブがついてるでしょ。
東京に白井晟一設計のS邸を見に行った時にも、
実物では初めて見る、この妙な位置につけられた玄関扉を
熱心に見たのですが、
恥ずかしながら、これは白井晟一のセンスで
この位置にドアノブがつけられているもんだと
ずっと思い込んでいました↓
Pic3
っが後日、「猪熊弦一郎 87歳の青春」を観ていたら、
モンマルトルの古いアパルトマンの玄関扉がチラリと映り、
なんと、ドアノブが扉の中心についているではありませんか(5:17頃)。
な~んだ、そこからきていたのね
(今頃気づいたの…という声が)。


ちなみに、なぜ中心につけられるのかネットで調べてみると、
セキュリティのことが理由らしい。
つまり、端についているより
開けるのに力が要りますよね。
だから外敵が侵入しづらいと、中央のドアノブの方が。
それから、ドアを開けて隙間から、
銃を室内に撃ち込みづらくなると。
(個人的には、眉に唾をつけて聞きたくなるような。
人間、理由をつけるのがうまい動物ですからね)。

Pic4
やはり歴史を知らなきゃダメだなと
思いましたね、その時。
結局、どんなことでもそこに行きつくんですね、
歴史に学べと。
言い古された言葉ではあるが、
だからこそ…

| |

« 本棚 | トップページ | レジ袋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い込み:

« 本棚 | トップページ | レジ袋 »