« 建築、龍馬、カステ~ラ | トップページ | 北九州へ »

2017年5月25日 (木)

テーブルをつくる

仕事用の机としてずっと使っていたテーブルは、
幅が1.4m、奥行きが80cm、高さ57cmのちょっと低めのテーブル。
厚みのある無垢の天板がどっしりとしていて、
座面も低いことから座ると落ち着いた気分になれた。

現場監督として大阪のゼネコンに勤めていた頃に買ったものだ。
イメージに合う納得のいくものがなかなかなく、
足を棒にして大阪の街を歩き回った思い出がある。
そして、あるお店で岐阜の家具屋さんのものを見つけ、
それなりの値段がしたが思い切って買った。

大阪時代から気に入って使っていたこのテーブルだが、
机として使うにはちょっとした難点がある。
まぁ、それなりにながく使っていたので、
それは前々から思っていたことなんだけど、
座面が低いことから、
頻繁に立ったり座ったりする動作を要する作業には、
不向きだということ。

PC机は仕事机とはまた別にあるので
(PC作業は高さ1.1mの机で立って行う)、
ちょっとCADで寸法あたって、
次に机に座ってスケッチしたり模型つくったりして、
またPCで模型の型紙をおこす…
っと立ったり座ったり繰り返すような動作が続くと疲れるんです。

そこで、この机は居間のテーブルにすることにして、
新しく仕事用の机をさがすことにしたのですが…、いや待てよ。
イメージに合うものをさがして買うのは簡単だけど、
それじゃ何だかおもしろくないなと。
せっかく建築にたずさわる仕事してるんだから、
自分でつくって勉強したらどうだろうって思ったんですね。

大まかなイメージは頭にあるので、
細かい納まりはつくりながら考えていくことにして、
まずは材料を買いに。
身近な材料で作りたかったので、
どこのホームセンターにでも置いてある
ヒノキを使用しましょうかね。

っで作業プロセスといきたいところですが、
写真撮るの忘れてたので出来上がりを↓

1

幅:1.5m、奥行:80cm、高さ:70cm

2

天板:ヒノキ(九州産)、脚:ヒノキ
仕上:オイルフィニッシュ

3

持ち運びに便利なように、
ボルトをはずせば簡単にばらせるようにしています。

4

真鍮の化粧ボルトがなかなかいいでしょ。

5

脚をホゾで組み、
その間に貫を通し挟み込むような形で構造を固めています。
脚を内側に寄せることでエンドに座っても足が干渉しません。
見た目も片持ちで飛んでるような軽い印象に。

6

もちろん、角はRで丸める。

DIYレベルの道具でつくったので、
ホゾ加工するにも時間はかかるわ、
神経使うわでなかなか大変でした。
しかしまぁ、さがして買うだけよりいろいろ勉強になったし、
何よりおもしろかったなぁ~。
これだから、ものづくりはやめられないね☆

| |

« 建築、龍馬、カステ~ラ | トップページ | 北九州へ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

なかなか快適そうな机ですね。こういうものをちゃちゃっと作れるってのはさすがですね!

投稿: poem | 2017年5月29日 (月) 11時50分

poemさん、
コメント頂きありがとうございます。
いえいえ、僕はどちらかと言ったら不器用な方で
(これ、謙遜でなくホントです)。
愛知に住んでる頃、夏休みの宿題の工作で、板にクギ打ちつけただけものをパチンコと言って提出した人間です

投稿: 川崎義則 | 2017年5月29日 (月) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルをつくる:

« 建築、龍馬、カステ~ラ | トップページ | 北九州へ »