« 北九州へ | トップページ | 長く使う楽しみ »

2017年5月31日 (水)

テーブルの次はイス

前々回、テーブルをつくったことを書きましたが、
机を新しくしたらおのずとイスも
っという気持ちになりますよね。

そこでイスもつくりましたよ↓
1

というのはウソで
イスは糸島の輸入古家具屋さんで買ってきました。
机をつくっている時から
この机にはこのイスだなと頭に浮かんでいたもの。

デンマークのデザイナー:ボーエ・モーエンセンのJ-39。
ちょっと興味のある方なら知ってるよ、
見たことあるよの有名なイスです。
1947年、モーエンセン33歳の頃の作。
2
一説ではこのイスに刺激を受け、
ウェグナーのCH-24/Yチェアが生まれたとかどうだとか。
いずれにしろ何の変哲もない普通のかたちですが、
いまでもデンマークで最も愛されているイスのひとつ。
3
後ろ姿も凛としていてさまになってるでしょ
(建築家:奥村昭雄さんが、イスは後ろ姿が大事と
本で書かれていました。
確かに日常生活の中で目に入るイスは、
後ろ姿の時がほとんどですからね)。

そしてスケッチして測る。
4
自分のものなので心おきなくじっくり観察できます。
外で採寸していたりすると、
な~にやってるんだ、この人
ってな目で見られるんですよ。
まぁ、もう慣れっちゃってますけど。

テーブルと合わせてみる。
5
イメージ通りピッタリだ。
細かいこと言うと、
テーブルの高さ70cmに対して
イスのSHは42~43cmが僕の中ではベストだが。
じゃあその分、脚を切っちゃえばとなると
それはちょっと…。
そこは、やはりオリジナルのプロポーションを
崩したくないという気持ちが勝つ。
もうすでに、純粋に人が座るための道具として
見れなくなっている証拠ですね~。

イームズのプラスチックチェアも合わせてみる。
6
これはこれでアリですね。

なんか、これからイスが増えそうな予感。
気をつけねば…

| |

« 北九州へ | トップページ | 長く使う楽しみ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

( ´艸`)プププ
しっかり騙されました(^▽^笑)
本当に手作りされたかと思って カワサキさんがっしりしていらっしゃるようだから
この足で大丈夫かな?なんて一瞬思ってしまいました(素人考えですね)
有名な椅子なんですね。
主人は椅子に座ると腰が痛くなると言って 悩んで居ます。
色んな椅子に座って探しています。
椅子に座る生活が多くなったので 椅子って大事です。

投稿: まめこ | 2017年6月 1日 (木) 05時05分

まめこさん、
コメント頂きありがとうございます。
そうなんですよ。
すっきりしているデザインなので華奢に見えますが、大柄な北欧の人たちに長年愛されてきたこのイス。
かなりがっちりとつくられていますよ

尚、イスに座ると腰痛になるご主人さんへのアドバイスとして…
座ったときに、しっかりと腰をサポートしてくれるものを選ぶことです。
腰がしっかりと固定されることで、体全体が安定します。
あとは、少し座面が硬めのものを選択すると腰への負担が少なくなりますよ☆

投稿: 川崎義則 | 2017年6月 1日 (木) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルの次はイス:

« 北九州へ | トップページ | 長く使う楽しみ »