« 車で8時間、京都・大阪へ③ | トップページ | 学びの場 »

2017年7月28日 (金)

車で8時間、京都・大阪へ④

御蔵山の家も見ることができたし、
さて帰ろうか、
また車で長時間走らねばならないことだし…
と思ったのだが、
せっかくだからまだ他に見とかないと
いけないものはなかったかなぁと。
(もう長々と建築の話ばかりされて飽きたよ。
すみやかにお帰りあれ!
という声が聞こえてきそうだが

そうだ!
あの建物があったな。
5
そう、2011年に京都市が
舞台機能の向上を理由に
改築を発表して以来、
専門家はもちろん市民も巻き込んで賛否両論、
多くのシンポジウムがひらかれ、
市民にとっての建築とは一体何なのか
話しあわれたあの建築。
戦後モダニズムの代表作として建築学会賞、
DOCOMOMO100選にも選ばれている
前川國男氏が設計した京都会館です。
2016年1月リニューアルオープンした
京都会館あらためロームシアター京都
6
前川氏がコンペ案の説明として
東山に囲まれた平面的な公園、
水平的な性格を有する疎水の流れ、
周辺の建物のボリュームを考慮すると
巨大なマッスの高層建築物は不釣り合いとして、
極力ボリュームを抑えた勾配屋根を採用したと。

その環境との調和が
内部機能を充実させるということだけで
反故にされていいものかと。
長年市民に愛されてきた建物の持つ記憶を、
そう軽々と壊してもらっては困ると。
そして皆の建物なのに
半分以上壊すことを基本方針として
話が進められた後、
公表されるとは何事かと。
プロセスの順番が違うではないかと。
7
確かに日本は、
あまりにも軽々と建物を壊す傾向がある。
古いものには古いものしか
持つことができない価値があると、
皆知っているはずなのに。
これはどうしたことだろう?
8
ただ今回、限られた時間のなかで
僕が体感して思ったことは、
旧京都会館とはもちろん比較することは
できないが、基本設計を担当した
香山壽夫氏が熟考に熟考を重ねた末に
出したかたちであると強く感じたことだ。
前川氏の考えを可能な限り自己に引き寄せ、
導き出した答えだと。

詳しく知りたい方は、
香山氏自身の言葉で聴いていただきたい
「香山教授の建築炉辺談話 第6回」

↓このあたりがキモの部分ですね
(いま、ウンウンと頷かれている方、
なかなか分かってますね~)

9

↓そして最も豊かな空間はココ。
この位置から眺めるこの空間の流れ♪
10

コルビュジェを思わせる
ごつくて丸みを帯びたプレコンの手すり。
FBでアップしたところ、
ある方が流しそうめんができそうですねと。
確かに!
11

東京文化会館とリンクする
力強い庇とプレコン手すりの
はね出しの納まり。
磯崎新氏流に言うなら「断絶」でしょうか。
カッチョイイですね~!
12

↓個人的には裏側勝手口の
このあたりのプロポーションがお気に入り。
潔さが感じられるでしょ。
前川氏独特の
打ち込みタイルの深み、奥行き。
ウーン、味わい深い
13

↓そして、隣の細見美術館もスナップ。
こちらは大江匡氏の設計。
雰囲気ありますよね。
14

そしてロームシアター内の
オシャレな蔦屋さんにもちょこっと立ち寄り、
時間ぎりぎりまで歩きまわって
平安神宮を遠くに眺めつつ
後ろ髪を引かれる思いで
再び車で長い長い道のり…。
15
その後数日続くこととなる
寝違えと似た首の痛みの
おみやげ付きでしたとさ
おしまい☆

| |

« 車で8時間、京都・大阪へ③ | トップページ | 学びの場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車で8時間、京都・大阪へ④:

« 車で8時間、京都・大阪へ③ | トップページ | 学びの場 »