« やっとこさ内部の施工 | トップページ | 換気用建具をつくる »

2018年2月10日 (土)

2台のPCが起動せず

まったくまったく…
先日、急にノートとデスクトップの2台のwindowsが時を同じくして起動しなくなった。
ノートの方が使い始めて3年ほどで、デスクトップの方はまだ2年もたっていないのに!
特にデスクトップの方は仕事で使うってことで、大きめのモニターにCADや3D系のソフトもサクサク動くようにそれなりのスペックにした。
ってことは、それなりのコストを費やしたわけで…
こんなのってないよ!と腹を立ててもしょうがないと分かってはいてもイライラしますよね、PCの不具合って。

ノートの方が先に調子が悪くなったんです。
ブルースクリーンに「起動しています…」の文字が出たまま先に進まない症状。
ネットでいろいろ調べてみるとwindows10をUSBなどに落として、それを使って回復画面に進めるようだ。
さっそく、まだ正常に動いていたデスクトップの方でUSBメモリにwin10をダウンロード。
その後、デスクトップPCをシャットダウンしてノートPCで試したんだけど上手くゆかず。
再びデスクトップの電源を入れたところ、そこに表示されたのはあの忌まわしき文字「起動しています…」
なんてこった!
なんで2台いっぺんに同じ不具合?

ただ、デスクトップの方はノートPCと違って何度か起動エラーを繰り返した後、自動的にトラブルシューティングの画面に切り替わる。
その中のいくつかのオプションを試す中で「スタートアップ修復」を選択すると、解決しなかったという意味のことが書かれた画面に「回復」という選択肢(っと言っても一択なんですけど)があらわれる。
それを押して少しすると、正常なデスクトップの画面が表示された。
やったね!少し前の状態を復元したのかどうかしらないけど、これでひとまず元通りになったんだ…
っとホッとしたのもつかの間、一度電源落とすとまた再び「起動しています…」の画面が
根本的なところが治ってないんだな。
それではと、おかしくなる前の状態に一度戻そうとシステムの復元で3日前を選択するが、これまた失敗。

他にいい方法はないものかとネット検索(PC使えないからスマホで)。
そこで見つけたのがwin10を落としたものでアップデートすることで修復するというもの。
「スタートアップ修復」を選択してエラー後にあらわれる「回復」で一時的に正常な状態までもっていき、win10を焼いたCDを使ってアップデートさせたんだけど…、ますます悪い方に行ってしまった。
「スタートアップ修復」で、一時的に正常な状態までもっていけたものができなくなってしまったのだ。
エラー後の選択肢の「回復」がなぜか出てこなくなった。
しかも今までシステムの復元で表示されていた、3日前のアクセスポイントも消えてしまった。

その後、ますますイライラしながらもトラブルシューティングのすべてのオプションを試すが上手くゆかず。
セーフモードで起動することさえできないってどういうことよ…

素人の出来る範囲のことはすべてやったし、次はプロに聞くしかないとマイクロソフト、PCハードのメーカー、それから買ったところに問い合わせ。
藁にもすがる思いだったのに、どこに問い合わせても最終的に出てくる答えは「セーフモードで起動できないならソフト側からはやりようがない」というもの。
しかもデータをどうしても抜き出したいのなら、販売店で有償にて処置してもらってくださいとな。
店にそのことをたずねると「はい、少し時間を頂きますけど7000円~承っております」だってさ。
データの抜き出し量が多ければ値段が上がるだってさ。
さすがは商売人、お金の払わせ方が上手だなぁ。
そんなにかかるんだったら自分でやりますよっ!
以前、古いノートPCを分解してHDDを取り出し、新しいPCにアダプタでつないでデータを抜き出した経験があり特に難しいこともなかった。
ただ、デスクトップの方はデータ抜き出し後、再び取り付けて使えばいいけど、ノートの方は廃棄覚悟でやんなきゃなんない。
まだ買って3年ほどですよ、たった3年で廃棄は痛いでしょ。
そんなことを考えながらも、何とかしてやるぞとカワサキさんはまだ粘り強く食らいつく。
ものごとはあきらめたら負けですね。
あきらめなければ、失敗は成功までのプロセスに過ぎないのだから。

そんな状況の中で、いい方法を見つけたんです
分解してデータを抜き出すという力技で解決しなくてもいい方法をね。
細かい方法は省略しますが(興味のある方はお気軽に質問してくださいね)、ubuntuというフリーのOSがあって、それがインストールしない試用版でCD-ROMから起動させることができるんです。
それを使ってwindows内のデータを抜き出す方法です。
っで結果、2台ともこのubuntu様様のおかげでデータを救うことに成功☆
その後、初期化して(ここでもいろいろとあったけど省略)今じゃ元通りのサクサク動く状態に。

どんなもんだい、要らぬお金を使わずに済んだ
しかしながら、このPC起動問題には時間をとられました。
データの抜き出し及び初期化でまるまる4~5日はロスしたし、アプリの入れ直しにメールやホームページの設定し直しまで入れたら一週間弱はかかった。

それから問題は解決したものの、なぜこのようなことが起こったのか原因がわからなくてモヤモヤしていたのですが、ある詳しい方に教えていただきました。
おそらくコレが関係していますよと(話は変わりますが、この記事を紹介しているセキュリティソフトPC Maticはおススメです。まだ2年目ユーザーの僕が言ってもあまり説得力がありませんが、ソフトはもちろんサポートがまた素晴らしいメールで質問すると迅速丁寧に対応していただけます)。

なんでもwindows10ではレジストリ関係のシステム構成が変更になっており、従来のレジストリの最適化などで問題が発生しているとのこと。
今回、調子が悪くなった2台もCcleanerというレジストリツールでこまめに掃除していただけに、なるほど納得。
とりあえず心の中で叫んでうっぷんを晴らすしかない。
「インテル、コノヤロー!」(ビートたけし風に

| |

« やっとこさ内部の施工 | トップページ | 換気用建具をつくる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それは災難でしたね。
2台同時にってところで、あぁインテル入ってる問題かなと思ってたら、やはりそうでしたか。
この問題はあまりニュースでしないので、ネット検索しないと原因不明ですよね。
自分が買ったところのPC店は、この1ヶ月サポートの電話がつながりにくくなってるようです。
(たぶんこのインテルの件で「起動しない」の質問が殺到してると予想)

自分でHDDからデータ救出はやったことはありましたが、Ubuntuというのは初めて知りました。

それにしても、ウィルスよりも破壊力のあるWindowsUpdateって・・・怖いですね。

投稿: d-plus | 2018年2月11日 (日) 10時58分

d-plusさん、コメントいただきありがとうございます。
ホント、かなりの被害者が出ているはずですが、あまり知られていないのが不思議ですね。
僕も詳しい方に教えていただけなければ、原因が分からずじまいでモヤモヤしたまま終わっていたでしょう。
レジストリツールアプリなどの入った特定の環境に、インテルのCPUバッチ+windowsアップデート適用したらブルースクリーン現象を発生するって、車業界で例えるならリコールに等しいような欠陥。
僕は運よくデータを救えたからいいものの、泣く泣くデータを失ってしまった人も多かったはず。
ウィルスのように悪気はなかったとはいえ、大大企業のインテルさんには、もう少し責任をもって仕事をしてほしいものですね~

投稿: 川崎義則 | 2018年2月11日 (日) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2台のPCが起動せず:

« やっとこさ内部の施工 | トップページ | 換気用建具をつくる »