« 2018年4月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月29日 (水)

お宝レコード?

まだまだ暑い日が続きますね~
こう暑いと聴きたくなる音楽も夏っぽいものになるらしい。
リサイクルショップで中古レコードを何の気なしに見ていると目にとまったものが↓
Img_2772
アストラッド・ジルベルトのイパネマの娘。
落書き有りのシールがついていて安くなっているしと買ってきたのですが、帰宅後その落書きなるものをよ~く見てみると↓
Img_2773
これってサインじゃないの?
セニョール、シンシアリー、アストラッド・ジルベルトって文字がありますよね
しかも調べてみるとブラジル盤らしい
Img_2774
落書きがサインとは、ちょっと得した気分です♪

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

ありあわせの材料でつくる

内部の施工写真はあまり撮ってないと前回書きましたが、他に何枚かありましたのでご紹介。

まずは出入口入ってすぐのアプローチの壁↓
1
ここは朝鮮張りで仕上げました。
まぁ、ただ外壁で使った杉板の端材が余っていたのでもったいないなと。
ならば、有効利用しようと考えただけなんですけどね
少し汚れが目立ちますが、後ほど濃い色で塗るので問題なし。
仕上がりはこんな感じ↓
6

ロフトの机の方を見上げたところ↓
2
オーディオの音響のことと下から見上げた時の圧迫感を軽減する意味で、天井と同じく集成材をR加工して↓
3
その上にこちらも余っていた杉板を張りました。
天井だけ足場板が掛けられる段階で先に塗装しましたが、このRの杉板も同色で塗装(ちなみに色はキシラデコール:ワイスです)。

段階をかなりすっ飛ばした説明ですが(写真撮ってないんだからしょうがないなぁ)、最後はロフトへ上がるハシゴ階段↓
4
これもすべてありあわせの材料で考えてつくりました。
踏み段は祖父の晩年に設置、今じゃ不要となった丸棒の手摺を再利用↓
5
2本の2×4材に穴をあけて丸棒を通すだけの単純なかたち。
踏み段が互い違いになっているのは遊びなんですが、ホントのこと言っちゃうと余っている丸棒の長さが足りなかったから

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

天井は曲げる

内部の施工写真はあまり撮ってないんですよねぇ
その中でアップできるものは、苦労した曲面の天井。

まず段ボールで型紙をつくって集成材に曲線をうつして切る。
そしてこんな感じでビスで留め付けて↓
1
そこに野縁を流します(曲面なので取り付ける位置と角度は、微調整を繰り返してかなり苦労しました
2
っで、そこに合板を曲げながら接着&釘留め↓
3
曲げ合板ではなくどこにでも売っている普通の合板でつくったので、そのまんま曲げたのでは折れてしまうしそもそも曲がらない。
そこで一計、幅を12、15、18センチ幅にすることに(ここでも3種をランダム張り)。
4
もともと目地で方向性をつけようと考えていたので一石二鳥(北欧風にもっと幅を狭くしようかと思ったが、これ見よがしなのは好きではないしちょっと面倒だなと却下…

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

外観の仕上げ

外壁塗装を終え最後の外部建具、出入口扉をつくる。
主に1×4材で枠を組む↓
1
先にドアノブの穴もホルソーであけておく(後から仕上げ材と一緒にあけてもいいけど、厚みがそこそこ出るので先に)↓
2

それから断熱材をつめてと↓
3
っで、外壁と同材、杉板を真鍮釘にてとめつける。
4
釘ピッチを詰めて表情をつけました。
これは白井晟一氏の設計S邸を見学に行ったときに訪れたレーモンドの設計の聖オルバン教会で、内装の合板を真鍮釘でかなり詰めたピッチで打ちつけてあって、「おぉ、こんなやり方するとこういう表情になるんだなぁ、なるほど~」というイメージ。
そんなこと言わずとも洋の東西を問わず、エントランスの扉には化粧釘で表情つけていますけどね
それから丁番の厚み分を削ってと↓

5
面倒くさいんだなぁ、何度やってもこれが
のみでコツコツ…
しかも扉と枠の両方やんないといけないの。

6
ここで、やっとドアノブ登場↑
コロンとした丸っこい小型のノブ、なかなかいいでしょ。
イメージに合うものを結構探しました(もちろん、イメージだけでなく予算のことも考えてね。ホントは真鍮が良かったんだけど予算が…)。
出入口を明示しつつも出しゃばりすぎないかたちが決め手
7

ストライクの取り付けも結構面倒だったなぁ~(建築は面倒なことばかりなんだから面倒くさいと言わない!と言ったのは建築家:宮脇壇さんの言葉)。
位置決めしてカッターで罫書いて、のみでコツコツ掘る。
っで、こんな感じで庇と一体となった扉に仕上げました(竹足場が邪魔ですが)。↓
8

引き続き塗装作業に移りま~す。
9
↑塗装前
↓塗装後

10
写真ではちょっと分かりずらいですが、柿渋を3回ほど塗りました。
うん、イメージ通りの仕上がり☆

外観完成までの定点観測の写真を整理しましたのでよかったら見てください↓

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

やっと内部が完成

かなり更新が滞ってしまいました。
訪問された方、ぽちっとしてくださった方々には失礼いたしました。

っというのも外壁塗装をしながら、もうそろそろ詰めていかないとこりゃなかなか終わりそうにないぞと思い、本腰入れて小屋つくりをしていたわけです。
っでブログを書くってことが頭から追い出されてしまって…。

さて、まだ完成にはしばらくかかりそうですが(外構がまだなんです)、まぁ内部はほぼ使用できるような状態になりましてこんな感じですよ↓
Img_2749
詳しくは後日アップしていきたいと思いま~す(っと言いながらもまた間が空いちゃったりして

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年9月 »