« 大分へ | トップページ | 長崎ランタンフェス① »

2019年1月30日 (水)

波佐見・嬉野へ

先日、久しぶりに自転車でぶら~りとしてきました。
今季最低気温で霧が発生したこともあり、少し時間を遅らせて9時に鳥栖を出発
深い霧の中を顔に水滴を浴びながらペダルをこぐ。
いつものように34号線に沿って佐賀方面へ。
1

昨夜、隣町の神崎の方が雪が降ったようで路肩は所々凍っている。
2
滑らないように凍ったところを避けながら用心して進む。
3
佐賀平野の広々とした景色に太陽がのぼってゆく
気温が徐々に上がり、鼻水すすりながらもバックパックを背負っている背中には汗が。
冬の自転車あるあるだが、前側は防風素材、背中側は通気性ニットのサイクルジャージってやっぱりよく考えられていますね~。
武雄温泉を過ぎ、道の駅 山内の手前で昼食
4
この辺りのラーメンは食べたことないし、どんな味なんだろう?とお客さんがそこそこ入っているこちらに立ち寄る。
チャーハンセット¥810なり。
味はというと・・・
まぁ、好き嫌いありますからねぇ~(個人的には可もなく不可もなくといった感じでまあまあかなぁ)。
っと言いながらもスープまですべて飲み干し、ふくれたお腹かかえて、さぁ~て行きますか(スープまで完食しないと、作っている人に何か悪いなぁ~と思っちゃうんですよね)
A_2
いつの間にか35号線に変わっていた道をさらに進む。
左折すると波佐見か…どっち行こう、何となく左折するか。
何となくはいいのだけど、徐々に勾配がきつくなってきたぞ…、こんなはずじゃなかったんですけどぉ~
B_2
山内東小分校の「ぶんちゃん」の涼しい顔を横目にさらに登ってゆき
C_2
折れ曲がり折れ曲がりつつ登りは続く
D_2
この辺りが山頂かな。
天気も良く金山岳(たぶん金山岳)の稜線が美しいですね
E_2
はい、ここで長崎県IN
苦しい登りの次は「人生下り坂サイコ~」ってな具合に波佐見市街へ(どっかで聞いたようなセリフ)
F_2
途中、雰囲気ある民家を見つけては、しげしげと眺めスナップ
この土地に埋もれるように建つ一体感がいいでしょ。
H
波佐見にとうちゃこ
あまり時間がないので焼き物巡りはできないけど、
G
足元によ~く目を凝らすと分かるかなぁ~、陶片がモザイク状にデコレートされています。
こういうディテールって大事ですよね
I
さてさてここからどちらに向かおうかなとキョロキョロしていると、またしても標識が。
そうだな、嬉野行って温泉でも入りますか。
K
途中、コンビニで水分補給しつつ嬉野温泉街IN
な~んでしょうね、この感じ。
日本の温泉街には必ずと言っていいほど風俗街があるんだよな
はい、言わずと知れた大正屋にとうちゃこ
8
相変わらずのスタッフさんの「これぞ日本のおもてなし」に感動
もちろん、吉村順三さん設計の空間を味わい浸る。
7
スキップフロアで流れるように奥へと視線が導かれる感じは、やはりF.L.ライト系の空間ですね。
カッコイイでしょ、このロビーの空間のたまり
以前は、コイが泳いでいる池を眺めながら浸かれる滝の湯の方も、日帰り温泉のお客に解放されていたような記憶があるのだが、いまは四季の湯のみらしい。
それは少し残念だけど、四季の湯は四季の湯で屋内なんだけど露天風呂の解放感が味わえる吹き抜けの大空間(渡辺篤史じゃないですけど)
6
こんな感じのアプローチを通って四季の湯へ。
空間はメインに行きつくまでのプロセスの扱い方が大事なんです
(実際に高級なお店になるほど門から玄関までが離れていて遠いんですよ。そういう間がないこと・ものを間抜けと言う)。
いつものようにトイレもチェック
5
この穴蔵のような入口が個人的には好き
たぶん、スタッフの方々には不人気でしょうけどね。
お客が多いときに捌ききれないって言われてるはず、たぶん。
トラバーチンのRの壁に、要所要所でピンポイントに照らすほんのり落ち着いた光環境がまた格別なのよ(50㎜単焦点レンズしか持ってきていなかったので、内部の引きの写真が撮れず断念)。
裏にはこちらも吉村さんの設計でしょう、
J

スタッフの方が休憩する建物が。
さて、暗くなる前にぼちぼち帰りますかね。
温泉にじっくり浸かって温まった体は快調快調(しかもお肌ツルツルしっとり)
L
再び34号線で武雄を通って、
M
いつも混雑している人気店 井出ちゃんぽん本店を横目に(時間があれば食べたいんだけど)、
N
我慢我慢してやっとこさたどり着いたボクのほっとステーション
たこやき大阪蜂来饅頭 大町店(ところでこのお店って全国にあるのかな?九州だけ?)
O
美味しいんですよ、ここの蜂来饅頭。
白あんとあずきを各々4個購入し、すぐに熱々のを2個完食。
やっぱうまかぁ~
P
すぐ近くのコンビニで口直しのコーヒーをすすって、下着の着替えも済ます。
でもね…、この後が寒かったんだなぁ~
なぜって?
この日は3着、下着の替えを持ってきていたのだけど全部使い果たしてしまい、佐賀市を抜けるころにはジャケットを通して汗で濡れてしまった下着が冷えて寒いのなんのって。

自転車乗り風のスタイルが好きになれない僕が着ていたのは、デニムのワイドパンツにホグロフスのゴアテックスジャケット。
ボトムスはさほど汗かかないからいいのだけど、トップスの方がね…。
風は通さないんだけど、惜しいかな自転車乗ると通気性と透湿性が足りなくって汗ばんでしまうんです。
っで、その後ようやく買いましたよ、サイクルジャケット。
あまり自転車乗り風(はい、僕の偏見です。ちなみにサイコンとか付けてハンドル周りをデコラティブにするのも好みじゃない。ボトルゲージまでなら何とか許せる)にならないようなデザインのを選んで
これを着て次はどこへ行こうかな~。

| |

« 大分へ | トップページ | 長崎ランタンフェス① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(*^-^*)

いいですね~
去年、武雄方面を車で神社巡りしました。
武雄神社、祐徳稲荷神社なども行きました。
武雄温泉とか温泉もたくさんありましたね~
今度行ったら、温泉にも行ってみたいです( 〃▽〃)

投稿: 弥沙 | 2019年1月30日 (水) 17時56分

弥沙さん、コメントいただきありがとうございます。
この季節の温泉は特別気持ちいいですよね。
武雄温泉は定番ですが「元湯」がおすすめです。
簡素で質素で美しい木組みを見上げながら浸かる温泉はまた格別ですよ~☆

投稿: 川崎義則 | 2019年2月 1日 (金) 16時16分

こんにちは

「大正屋」さんのロビーの写真が素敵ですね
開放感があって、カラフルで明るいのに落ち着いていて。
こんなところでゆっくり寛ぎたいなぁ…
としみじみ思ってしまいました

そうそう、蜂来饅頭ってウチの方で言う大判焼とか今川焼みたいなものでしょうか?
"白あん"はあまり売ってないのですけど(定番は小倉とカスタードで、たまにチョコとか抹茶とか変わり種があったりしますね)、熱々がおいしそうですね
ちなみに「大阪蜂来饅頭」というお店、ウチの方では見たことないですー。一見たこ焼き屋さんのようですね

投稿: いぬいか | 2019年2月 9日 (土) 08時54分

いぬいか さん、コメント頂きありがとうございます😊
そうです、大判焼きといっしょです。
「大阪○○」なんで全国展開っぽい名前ですけど、いぬいかさんの住んでらっしゃる埼玉の方にはないんですね〜(九州近辺のみのチェーン?)。
たこ焼きを買ってるお客さんも多いので今度味見してみよっかなと思っています😋

投稿: 川崎義則 | 2019年2月11日 (月) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波佐見・嬉野へ:

« 大分へ | トップページ | 長崎ランタンフェス① »