« 波佐見・嬉野へ | トップページ | 長崎ランタンフェス② »

2019年2月16日 (土)

長崎ランタンフェス①

朝のルーチンである新聞切り抜きをしていて「長崎ランタンフェス、今月19日まで」の見出しに目にとまる。
九州に住んでいながら、しかも隣県に居ながら行っていないな…と思うと同時に、もったいないよなという言葉が口をついて出る。
このような流れで、今回はめずらしく目的地を決めて自転車旅をスタートすることになった。
グーグルマップで幹線沿いにルートを引っ張ってみると、だいたい135~140キロといったところか、思っていたよりも近いもんだ。
いつものように気になったところに寄り道しながら行くと、鳥栖を朝に出て長崎には夕方ごろには着けるはずだ。
服装はいつものように至って普通のかっこうなのだが、今回はヘルメットの下にサイクルキャップを被ることにした。
穴だらけのヘルメットなので通気は申し分ないのだが、冬の風はやはり冷たく髪も時々その穴から顔を出してちょっとみっともない。
皆さんがサイクルキャップと聞いてイメージする派手目な柄ではなく(好みじゃない)、黒地にワンポイント入ったrin projectのものをチョイス。
かたちはサイクルキャップそのもので視界を邪魔しないようにつばが浅く、ヘルメットの下に被ってもごわつかなずピタッと頭にフィットしていいのだが、今のところこれを被ったままコンビニに入る勇気はない(まあ、そのうち慣れますかね)。
トップスは、インナーにコスパに優れるボディータフネス(裏起毛で速乾性があり、なかなかよろし)、アウターが先日中古で手に入れたサイクルジャケット(こちらもシンプルな色合いのもの)。
今まではゴアテックスのマウンテンジャケットを愛用していたのだが、自転車旅だと通気が追い付かず内部が蒸れてしまっていた。
その都度ジッパーをあけて調節すればいいのだが、面倒と言えば面倒。
しかも、自転車にサドルバック等を付けたくない派の僕は、バックパックを背負わねばならず背中側が蒸れやすいのだ。
ボトムスはユニクロのヒートテックにUAのストレッチデニム。
シューズはフラットペダルなのでトリッペンのブーツを愛用(夏はスニーカー)。
あとはバックパックのショルダーストラップを利用して一眼レフを引っかけるホルスターをつけている。
時々ネジが緩むのが難だが、カメラがブラブラすることもなくスナップのタイミングを逃さず撮れるのでなかなか便利。
まあ、服装はこんな感じです(何でもいいんだよかっこうなんてと言ってしまえば元も子もありませんが)。
さて前置きはこれぐらいにしてそろそろ出発しましょうか。
天気がはっきりせず、朝方まで雨が降っていたせいで路面が少し湿っている。
まだ少し降りそうなどんよりとした空を見上げながら、少し遅めの8:30出発。
1
長崎方面のいつものルート、34号沿いに進む。
ときどき霧雨が降ったり止んだりで風冷たく厳しいコンディション。
だいたい2時間おきを目安に休憩をはさんで暖をとる。
B
大町町のミニストップで1回目の休憩。
A
やけにカップにいっぱいいっぱいのコーヒー。
¥100コーヒーを飲むつもりが間違えて¥150の方のボタンを押してしまいカップになみなみと注がれてしまったのです。
故意に常習で¥100支払い後、¥150のカフェラテか何かを飲んでいたある男が捕まったと2,3日前に新聞で読んで「いい大人にもなって恥ずかしいことする奴がいたもんだ」と 独りごちた僕としてはごまかすわけにはいかぬと、正直に間違えたのでと追加で¥50支払うことに(1回ぐらいいいやと自分をごまかしてしまうと、ゆくゆくどんどん甘くなってしまうのが怖いんです、はい。人ってそういうところあるでしょ)。
体も温まったし、ドーナツとコーヒーはやっぱりベストコンビネーション、満足満足となったところで再出発。
外は相変わらずはっきりとしない空模様。
2
やはり寒い!
寒けりゃ漕げば温まれるのが自転車旅、漕いで漕いで漕ぎまくれ。
3
うれしの茶交流館 チャオシルを通過。
鳥栖から80キロ、もうそろそろエネルギー補給しないと力が…と思い出したころ、タイミング良く道の駅発見。
C
彼杵(そのぎ)の荘 に12:30到着。
クジラ肉の看板が立っていたのでクジラ肉が特色なんだなと、満席のお客さんで賑わう食堂で席が空かないかキョロキョロしながらクジラ肉入りだご汁を注文したのだが、惜しいかな売り切れ。
結果、そのぎ定食¥680なり。
D
すべての温かいご飯がよりおいしく感じられるのも冬の自転車旅ならでは(この言い方は作っている人にちょっと失礼ですな)。
クジラ肉は入っていないけど、鶏のから揚げは定番でお世辞抜きにおいしかったです。
1時間弱のお昼休憩を済ませ気分もリフレッシュ。
まだ先は長いぞ、暗くなる前に到着したい長崎。
さて行きますか。
(次回に続く…)

| |

« 波佐見・嬉野へ | トップページ | 長崎ランタンフェス② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ランタンフェス①:

« 波佐見・嬉野へ | トップページ | 長崎ランタンフェス② »