« 長崎ランタンフェス② | トップページ | 長崎ランタンフェス④ »

2019年2月21日 (木)

長崎ランタンフェス③

昨日は鳥栖を8:30に出発して長崎市街に入ったのが18時前。
それから街中をうろちょろして目的のランタンフェスティバルを満喫、人込みかき分けながら予約なしで入れるレストランを探し、宿にチェックインしたのが22時前。
がしかし、朝起きて筋肉の張りもなく…なわけがないですよね。
膝裏に少し昨日の疲れが残っている感じで、ベットの上で柔軟ストレッチをして筋を伸ばす。
いつもの癖で朝早く起きすぎて情報番組TV観ながらごろごろしていたが、もうそろそろ2日目始動といきましょうかね。
チェックアウトを済ませ、預けていた自転車組み立てながら確認。
リアディレーラーのハンガー部分がちょっとしたことでも曲がってしまい調子が悪くなってしまうことがあるため、そのあたりには気をつかう。
うん、丁寧に預かっていただけていたようで問題なし。
朝食は近くのミスドで今日のルートをググりながら簡単に済ませる。
K
はい、ポン・デ・リング大好きです。
L
中央橋を渡って34号線沿いに進む。
30
安井建築設計事務所の設計の長崎市立図書館と諏訪神社を通過。
31

 

 


途中、昨日通って排ガスが蔓延した空気の悪さと、何とも言えない生暖かい空気に辟易した本河内トンネルを回避するため116号の方にのりかえ。
32
一山越えた後、再び34号に交わり雲仙方面へ。
M_3
今日は昨日と違って朝から澄み渡った空。
風が若干強いが自転車にはもってこいの天気です。
33
放射冷却で最低気温は0度だったが太陽が燦燦と照り付け、ジャケットのジッパーを半分ほど開けて体をクールダウンさせながらペダルを漕ぐ。
34
34号から251号にのりかえ、調子良くぐんぐん進む。
この独特の赤土の色があらわれると雲仙に近づいてきたなと感じられる。
35

長崎市街から25キロほど。

諫早の方には行かず直進、雲仙方面へ。
N
このあたりから多比良(たいら)港までの30キロ弱がしんどかった。
36
何度アップダウンを繰り返したことか。
長い坂をのぼるより短い坂をのぼっちゃくだり、のぼっちゃくだりを繰り返す方が辛いのです。
O
しかも向かい風強し。
自転車旅の二重苦来る。
37
愛野展望台下から広域農道に入る。
相変わらず続くスパルタンなアップダウンにエネルギーを使い果たし、そろそろ昼休憩の場所を探さないとやばいぞと思っていたら、ナイスタイミングであらわれた「吾妻の里」に13時前に到着。
Q
地元のおばちゃんたちが働く温かい雰囲気の食堂でした。
38
ストーブにあたって冷えた体を温めながら食べた生姜焼き定食。

 

腹が減りすぎているのもあるが、いやぁ~、うまかった!

 

P
招き猫に見送られながら、もうあまりアップダウンがないことを願いながら13:15分に出発。
R
(次回に続く…)

 

 

| |

« 長崎ランタンフェス② | トップページ | 長崎ランタンフェス④ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ランタンフェスティバル!
幻想的で綺麗ですねー
さすが長崎、異国情緒たっぷり。
ずーっとワタシの中で憧れの地でいつか行くぞと思ってはいる場所です。
ランタンフェスティバルは知らなかったです
ぜひぜひ行って見てみたいです~!
(長崎といえば、ハウステンボスとかグラバー園とか大浦天主堂とか、王道の観光地しか知らない関東モノです)

角煮まんもおいしそう
”ちょっと高くてもせっかくなら本家で”という気持ちに同感です(笑)。
高くても売れているのには訳がある!

思い立って、好きなところで寄り道しながらのサイクリングツアー
すごくいいなぁって思いました。
やっぱり気ままな旅っていいですよね~

PS:ポンデリング、ワタシも好きですーお気に入りはシナモン!!(笑)

投稿: いぬいか | 2019年2月23日 (土) 08時49分

いぬいか さん、コメントいただきありがとうございます!
長崎は海あり山あり歴史ありで、とても魅力的ですよね。
隣県ですが、とてもうらやましいところが多々あります。
坂が多く暮らすにはちょっと不便なところもあるでしょうが、遊びに行く僕らにとってはその高低差がおもしろいです。
セカンドハウス(もちろん夢の計画)を持つなら天草もしくは長崎辺りがいいなぁ~。

投稿: 川崎義則 | 2019年2月25日 (月) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ランタンフェス③:

« 長崎ランタンフェス② | トップページ | 長崎ランタンフェス④ »