« 平戸・生月島へ③ | トップページ | 長湯温泉 クアパークへ① »

2019年5月28日 (火)

北九州市立中央図書館へ

磯崎新さんがプリツカー賞を受賞されましたね。
っと言っても「プリツカー賞っていったいなんぞや?」ですよね、皆さん。
ニュースなんかでは分かりやすいように例えて「建築界のノーベル賞」とよく言われています。
この受賞で日本人8人目となったわけですが(磯崎さんの師匠、丹下健三さんに始まり代官山ヒルサイドテラスが有名な槙文彦さん、皆さんご存じの安藤忠雄さん、金沢21世紀美術館が有名な妹島和世さん+西沢立衛さんのSANAA、五輪2020スタジアムコンペで最後まで隈さんと争った伊藤豊雄さん、磯崎門下生で紙の建築及び震災時の仮設間仕切りを供給される坂茂さん、そして今回が磯崎新さん)、磯崎さんは長きにわたり世界の建築界に影響を与え続けた人がゆえに遅すぎる受賞と言われています。


だからというわけではないのですが、久しぶりに(10年までは経ってないかな)北九州市立中央図書館までロングライドしてきました。
この日はかなり暑く、北九州は最高気温は31度ぐらいまで上がり暑いのなんのって。
こまめに水分補給しながら行きましたが、それでも帰宅後は硬いウンコが出ました(失礼!
往路ルートは最短コースでR3からR200に入って冷水峠を越えてR201、R322で北へ抜けるルート。
だいたい片道80キロです。

冷水峠を越えてしばらく走るといかにも北九州の景色が(僕の勝手なイメージですけど)。
A_4
田川の香春というところにある旧日本セメント工場です。
グーグルの航空写真で見るとよく分かりますが、石灰石の採掘でかなり山が削られていますね。
あの中継地点からコンベアで運ばれて、この工場までセメントの原料が運ばれてきていたわけだ。
建築的にみると安藤忠雄さんの六甲の集合住宅、もっとさかのぼると三仏投入堂や清水の懸造。
工場建築は力強くていいね、ウンウンとしばらく眺める(建築好きと散策するとおかしなところで立ち止まる、何が面白いのかよく分からないとよく言われるけどこんなところかな?)
B_4

さて、目的地までもう一息のところで昼になってしまった。
エネルギーがなくなる前に早めの補給が大事と、目にとまった「うどん仁兵衛」に立ち寄り。
C_4
うどんセット(¥690)を注文。
初めて見る細くてちょっと透明がかった麺。
さっぱりした味のつゆ、後味すっきりでいい感じです。
かつ丼もフカフカの卵と相まって、うん美味いね。
D_4
っで、このとおり。
E_3

13時に今回の目的地に到着。
あれ、なんかきれいになってない?というのが第一印象。
F_3
学生の頃は地の利をフルに活かそうと(中央には磯崎作品が少なく九州には多いので)磯崎空間を体験&スケッチしによく来ていましたが、こんなにきれいにメンテされていなかった印象がある。
G_3
もしかしたら、映画「図書館戦争」でロケ地巡り客が増えたからかな(僕は観てないけど)?
H_3
いずれにしろ、きちんとメンテされた現役の建築は気持ちがいいですね。
人と同じ、現役だといつまでも若々しい。
I_3
しかも僕が知っているモンローカーブのカフェテリアは自販機が2台ほどにテーブル・イスが置いてあるだけだったが、おしゃれなカフェに復活しているじゃないですか。
今回は入店してないけど検索してみると「カフェ・ラポール」は2016年オープン。
障害者自立支援NPO「要会」が運営しているとのこと。
白を基調とした店内で清潔感があってなかなかいいじゃないですかと思う一方、僕の記憶では以前の真っ赤な天井だったオリジナルの色彩もモンローカーブとマッチしていて捨てがたいところ。

それから、このいい流れにのって所謂「ばえる」メニューを1,2品加えるともっといいんじゃないですか。
例えば、この特徴的な外観を模したロールケーキとかモンローカーブを象ったパンケーキとかね(関係者の方いかがでしょう)。
J_3
内部の撮影は許可取ればオッケーと掲示されていたが、図書館でカシャカシャ音立てるのもどうかと今回は遠慮することに。
K_3
内外ひとまわり
して外観のみスナップ。
L_2
磯崎建築によくあらわれるカエル顔の外観(僕の勝手な命名)にプレキャストコンのヴォールト天井の空間、その一筆書きのような空間の連続と広がり。
ちょっと思ったのは原広司さん設計の宮城県図書館(1998年)は、閲覧空間とその導入部との関係が類似するものがあるなと(ちなみに北九州市立中央図書館は1974年竣工)。

1hほど滞在後、日焼け止めを重ね塗りしたら14時半に復路出発。
往路とは少しルートを変えてR296から九州国際大横を通ってR200に合流してひたすら南下。
帰りはさすがに疲れた。
残り60キロのところでガリガリ君を補給。
暑いときはこの味が欲しくなるんだよね。
M_3
それにしても復路の冷水峠越えはかなりつらかった。
くたくたになりながら鳥栖の手前の基山の自販機で、普段は欲しくならないトマトジュースに手を出したところからもどれだけ弱っていたか分かりますね~。
18:30にやっとこさ鳥栖着。
少々脱水症状でこの後、先に触れた硬いウンコが出たというわけね、おしまい。

| |

« 平戸・生月島へ③ | トップページ | 長湯温泉 クアパークへ① »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平戸・生月島へ③ | トップページ | 長湯温泉 クアパークへ① »