« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月25日 (水)

秋吉台国際芸術村へ①

先日、山口県の美祢(みね)というところにある秋吉台国際芸術村へ自転車ツーリングしてきました。
学生の頃から車で何度か(え~っと過去3回ぐらいかな。今回でたぶん4回目?)見に行っていますが、自転車では今回が初めて。
なぜ行くことになったのかというと、SNSのフィードで県が維持費の高騰などを理由に廃止を検討しているという気になるニュースを目にしたからなんです。
僕は自分がその気になった時が一番いい時だと考える方なので思い立ったが吉日、すぐに時間つくって今回見に行ったわけなんです(またいつか行こうなんて悠長なこと言っていると、その気になった時には時すでに遅し、もうすでになくなっていたなんてことになりかねませんからね)。
マップで距離を測ってみると片道だいたい150キロほどなので思ったほど遠くないです。

朝7時半ごろ出発。
まずは北九州方面へ向かういつものルートでR3→R200で冷水峠越えで飯塚へ。
1_20190924154101
R201で田川を抜け、R322で小倉南を通って
2_20190924154101
R11とR25で門司方面へ。
この日は見てのとおり快晴で汗腺フルオープン、気温32度で暑い暑い。
3_20190924154101
ちょうど昼時、門司市街に入る。
この前、北九州市立中央図書館を訪れた時に食べた「たまや」の肉うどんの味が忘れられなくて再来店。
4_20190924154101
ステーキも美味そうだったけど今回も前回と同じ肉うどんを食す。
うん、ここの味は間違いないです(特に肉好きの方には)。
皆さんも近くに来られた際は寄ってみてください。
たぶん満足されるはず。

関門トンネルを歩いて通って本州IN。
自転車も橋を通れたら気持ちいいんだろうけどなぁ。
古いっていうのもあるんだろうけど、お世辞にも歩いて楽しいトンネルとは言いがたいのね、なんか蒸し暑くて暗いし。
しかもトンネルの入り口が国道から少し離れていて分かりにくかったよ。
5_20190924154101
R2→R33で美祢方面へ。
6_20190924154101
この辺りからだいぶのどかな風景になってきました。
それと同時にじわじわ脚にくる微妙な勾配の上り坂も始まる。
7_20190924154101
瓦も石州瓦の鮮やかな色に。
なぜ、しゃちほこをのっけっちゃうのかなぁ~、まぁ人の好みだからいいんだけど…。
田舎の方に行くと必ず一軒はありますよね、しゃちほこの家が。
8_20190924154101
日もだいぶ傾いてきました。
9_20190924154101
18時ごろ美祢市街に入る。
秋吉台国際芸術村に宿泊予約を入れるときにスタッフの方に、施設近辺には店がないので弁当など持参された方がいいですよと言われたことを思い出す。
せっかく来たのに弁当というのもなんだか味気ないなということで、こちらの店でちょっと早いが夕食をとることにする。
10_20190924154101
なんで山口県に来て中華なんだと突っ込まれそうだけど、この日は日曜でどこも店が開いてなかったのよ。
日曜店休は田舎あるあるでしょ。
「ニーハオ」(名前も直球でよろしい)で酢豚定食を食す。

さて夕食もとったし、あとは目的地へ向かうだけだ。
11_20190924154201
だいたい15キロほど、R435を山の方へ上ってゆく。
12_20190924154201
日も陰り始め、
13_20190924154201
辺りがすっかり暗くなったころ今回の目的地、秋吉台国際芸術村に到着です。
山の日暮れは早いね。
14_20190924154201
自転車を折りたたんで輪行袋に入れ、受付で前払いの宿泊代を支払う。
すべてセルフサービスなんだけど、この部屋がな・な・なんと¥3080です!
(10月からちょこっとだけ値上げするみたいです。増税の分だね、たぶん)
15_20190924154201
そりゃあ利用する側としては安くていいのだけど、ちょっとこれは安すぎるでしょと心配になりますね。
建築界のノーベル賞と言われているプリツカー賞を受賞した磯崎さんの宿泊空間が3,000円って。
値段が値段だけに学生の利用者も多く、この日は大学のダンスサークルの方々が大勢宿泊していました。
ほんとは予約する時に、磯崎さんのデザインした家具のある洋室を希望したのだけど空いてなかったんです。
後からスタッフの方に聞いてみると、土日がからむ日はやはり利用者が多いそうだ。

受付を抜けると群島的に配され、雁行するように奥へと続くブリッジ上の外廊下のアプローチを通って部屋へ。
16_20190924154201
照明がエクボ配置されて(建築家:宮脇檀さんの言)雰囲気あるでしょ。
17_20190924154201
ワクワクしながら自室へ向かいシャワーを浴びたら(これで温泉があったら最高なんだけどなぁ)再び外を行ったり来たりして見学&撮影タイム。
あぁ~、やっぱり建築って面白いなぁ…。
(1日目終了、次回へ続く)

| | | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »