« 半径100キロは日帰り圏内 | トップページ | あなたは海派、山派? »

2020年3月23日 (月)

阿蘇の野焼き

先日、天気がいい日を見計らって阿蘇へ自転車旅。
鳥栖からだと片道100キロちょっと。
距離的にはいつものロングライドと変わらない程度なのだけれど、上り坂が少し多めになりそうだったのでいつもより30分早めにスタート。
この頃はややもすると同じルートになりがちなので(同じだと飽きるのね)、サイコンのナビになるべく沿ってまだ通ったことのない道を走ります。
”なるべく”と言ったのはときどき、いやしばしば?「これはないよ!」ってな道に案内するから。
横からイノシシでも突進してくるんじゃねぇかみたいな険しい山道を何キロか上らされ、挙句の果てに行き止まり…という苦い経験もあったりして(もうだまされないぞ…orz
八女から立花町を通り福岡と熊本の県境を越え、地元民しか通らないような山道の4号線を抜けて平山温泉まで。
そこから山鹿、大津を通って急坂のつづら折りが続く23号菊池赤水線で阿蘇へ。
この上ないほどの好天で、上からの眺めはどんなんだろうと期待していたのだが…
Img_3759
山火事?いやいや野焼き。
Img_3760
たまたま野焼きの日に当たり途中から通行止めで、目的の大観峰へは上れず。
Img_3761
まぁ結果、初めて阿蘇の野焼きを見られて良かったのだけど(ブラタモリでもこの野焼きがいかに古くからあって、阿蘇の草原が人工的につくられたかを解説していたっけ)。
しかも自転車なのですごい勢いの炎と煙を間近に見られ、その熱まで感じられる。
それから舞い上がる灰ね、これがはぁはぁ言いながら呼吸している口に入ってきて煩わしいのなんの。

帰路、大観峰へ続く道が通行できるようになっていて、おっ行ける!と一瞬思ったのだが、待て待てまた100キロ帰らないといけないのよと自分に言い聞かせそのまま山を下りましたとさ。

| |

« 半径100キロは日帰り圏内 | トップページ | あなたは海派、山派? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半径100キロは日帰り圏内 | トップページ | あなたは海派、山派? »