« 由布院の隈建築 | トップページ | 新入り パートⅡ »

2020年11月18日 (水)

島めぐり 加部島(呼子町)

呼子の加部島を自転車でぶらりしてきました。加部島は好きな島のひとつなので、車ではかなりの回数遊びに来ていますがサイクリングでは初めてだったはず、たぶん。
朝8時ごろ鳥栖を発ってお昼に呼子大橋に到着。
1_20201118155301
荷物はなるべく少なくしたいため、サイクリングジャージのバックポケットと自転車のボトルケージに無理やりパッキング。ロングライドする時はまずは何より荷物を少なくすることが鉄則です(もちろん予備チューブ等の必需品は持って行かなきゃダメですよ)。
加部島漁港にはひときわ大きな建物、田島神社が鎮座まします。
なんども来島していると言ったくせに、横を通るだけできちんと見に行ったことはないんですけどね…。
九州で最も古くからある神社らしいので、今度こそはきちんと見に行かねば。
この佇まいがカッコイイですよね。
2_20201118155301
島の北端、加部島展望台です。牛たちが放牧され、のんびりと草を食んでいます。めっちゃ贅沢なロケーションでしょ。右がクジラ漁が盛んだった小川島で左のが加唐島です。呼子の中心街には鯨組主の中尾家が保存公開されているので、興味のある方はぜひ行ってみてください。バッタリ床几があったり、建築としてもおもしろいです。
3_20201118155301
4_20201118155301
小さな島なので自転車だと簡単に一周できます。
ほとんどがこのような赤土の畑が広がる風景でホント癒されますよ。
5_20201118155301
こちらは僕の中では『ジブリの坂』と名付けていますが、グーグルマップには『加部島の一本道』と見たまんまの表記がされていますね。皆さん、車やバイクを止めて記念撮影しています。自転車で走ると最高に気持ちいい道です。写真見ただけで伝わるでしょ、この気持ち良さ。
6_20201118155301
昼ごはんが遅くなってしまったので、加部島を出て呼子の中心街の方へ。僕は観光地化された所の店より地元の人が行くような大衆食堂が好みなので、こちら『たからや』へ。
7_20201118155301
こちらはたまたま見つけた店でしたが大当たりでした。婆ちゃんが一人で切り盛りされていましたが、元祖ちゃんぽんのような昔ながらの味で、シャキシャキ食感を残したたっぷりの野菜がおいしかった~。あの料理の鉄人 道場六三郎さんのサインがあったり、寅さんの撮影中にお昼を食べに渥美清さんが来ていたりと、その外観からは想像もできないような(失礼!)大物の方々がここのちゃんぽんを食べに来ているのです。呼子に来たらここはマストですね。
再び美しい呼子大橋を見納めに戻ってきたら帰途につきます。
71
唐津青翔高校を過ぎて、ちょっと行ったところの204号沿いにカッコイイ建物発見。この足元の石積みといい板張りの古び具合といいそのプロポーションといい、かぁ~、カッコ良すぎでしょ。ひとしきり行ったり来たりしました。
8_20201118155301
っで最後はまたまた鳥栖まであと40キロのところで、こんなものがタイヤに刺さって…
9_20201118155301
不幸中の幸いで裏返すとこんな感じで風化して短くなっていたので、そのまんまチューブ交換することなく鳥栖まで帰れましたけどね。やっぱり一晩放置していたらスローパンクで空気がすべて抜けていました。
10_20201118155401
最近パンクが続きますなぁ~。
今回のルートはこんな感じでした。
11_20201118170501

| |

« 由布院の隈建築 | トップページ | 新入り パートⅡ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由布院の隈建築 | トップページ | 新入り パートⅡ »