書籍・雑誌

2021年7月13日 (火)

【メディア掲載】小学館 DIME(ダイム) 8月号

所さんの雑誌『Daytona(デイトナ)』に引き続き(詳細はこちら)、小学館から出版されている『DIME(ダイム) 8月号』に弊社の小屋がとり上げられました。
Img_4914
Img_4913
コロナウイルスの影響でしょうね、弊社にもタイニーハウスや小屋等の離れについての問い合わせが多い昨今です。

| | | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

いま読んでいる本

令和3年も2月に入りました。だからと言うわけでもないのですが、月初めで区切りがいいのでいま読んでいる本を↓
1_20210201105901
左上から、寺田寅彦 随筆集1→宮脇檀 父たちよ家へ帰れ→坂口安吾 不連続殺人事件→子母澤寛 勝海舟2→アダム・スミス 国富論Ⅰ
左下にうつって、夏目漱石全集→ロマン・ロラン ジャンクリストフ→司馬遼太郎 播磨灘物語(下)→涌井良幸 数学の公式・定理・決まりごとがまとめてわかる事典。
【追記 2021/2/2】
寝る前に読む枕もとの本を忘れていました↓
2_20210202115001
尾崎芳雄 市村清の生涯と白洲正子 古典の細道
市村清はリコーの創業者で僕が住んでいるところの隣町の出身。しかも僕と顔が似ているということもあって勝手につながりを感じて読んでいます。

見ての通りざっくばらん、そのとき読みたいと思った本をただ手にとって読んでいるといった感じです。あと再読の本もあって、宮脇檀さんの入門書として最適で、しかも家を建てたいと考えている方の参考(堅苦しくない参考書として)にもなる『父たちよ家へ帰れ』、好きな作家のひとり夏目漱石の全集、学生の頃に読んだ『ジャンクリストフ』の3冊は再読になります。
太宰治は来客があるときは、読んでいる本をすべて隠して目に触れるところに置かなかったとどこかで読んだことがあります。本棚を見られることでいま興味を持っていること、考えていることをのぞかれるような気がして不快だったのでしょう。机に置いてあるのはいつも聖書一冊だったと。僕の方はのぞかれても、そもそものぞくものがないのでいいのだが、頭のいい人というのは繊細なもんですね。
ちなみにブクログに本棚をつくっています。よかったらのぞいてくださいな→ykawasakiの本棚

| | | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

所さんの雑誌に掲載されました

先月の終り頃だったでしょうか、ネコ・パブリッシングの編集者の方から突然メールが届く。
なんでもデイトナという雑誌で(申し訳ないですが雑誌を読む習慣がないので知りませんでした)セルフメイドの特集をするので、セルフビルドの小屋を取り上げて良いかとのこと。
へぇ~、こんなことがあるんだなぁ。
ネット社会ですね~。
SNSやブログ等がまだなかったころにくらべると、その分いろいろと時間をとられたり(誘惑に負けてネットサーフィンで時間を浪費したりね)、時々フリーズしてせっかく書いた記事が消えてイライラすることだってあるけど、こういう思いがけないつながりも生まれる。
もちろん見つけてもらってこちらこそありがたいことなのだが、小屋をセルフビルドしたのはもう何年も前のことだから覚えているかなぁと不安な気持ちも片やあり。
その後、文章にて簡単なインタビューがあって、それをもとにライターさんがまとめてくれるとのこと。
本当に雑誌に載るのかな?最近多い偽メールの類じゃ?などと疑いつつも、九州の発売日7/8(東京発売日から2日遅れ)にさっそく書店へ。
Dtona
まぁ掲載と言っても1/4ページぐらいかなと思っていたのですが、期待以上じゃないですか(左側のカワサキは所さんのバイクのことね。ぼくも最初カワサキの文字見てびっくり!そんなわけないわな、勘違いでしたw)
しかも、僕の拙いブログ記事も読んで頂いてまとめられているのが分かります。
僕が言うのもなんですが、あの短い期間で卒なくしかも面白く写真と絡めて文章にされていて、さすがプロは違うなと感服させられました。
書店に寄られた際は、手に取ってパラパラ見ていただけたら(そして購入して頂けたら尚よし)うれしいです→【Daytona デイトナ 8月号 巻頭特集・自作の悦楽】

| | | コメント (0)