ロードバイク

2021年11月 6日 (土)

鳥栖ー牛深 ツーリング②

宿に着いたらベッドにごろんとしたい気持ちをおさえて、まずはサイクルジャージを洗濯する。持ち物をなるべく少なくすることが自転車ツーリングにおいて重要であるため、替えの衣類は下着のみ持参でその他ジャージやタイツは洗濯しないといけない。これが疲れた体には苦痛なのだが、苦痛だろうが眠たかろうが部屋に入ったらすぐやらねば明日は生乾きの刑にあうことになるのだ。皆さんも生乾きの刑は嫌でしょ?

洗濯を済ませたらエアコンの吹き出し口前に吊るして宿を出る。夕飯を食べてエネルギー補給をせねば。近くのコンビニで弁当でも買ってちゃちゃっと食べて早めに休まなければ明日きついぞ。歩いて15分のYショップはすでに閉まっていたので(このあたりの店は閉店が早いのだ)片道25分歩くはめに。こんなことなら自転車で来たら良かったと思ったものの後の祭り。明日の朝食分も買って街灯のない道を宿へと引き返す。それにしても光が少ないとこんなにも星が見えるんだな。

5時に起床。昨夜はあれからお風呂に入って23時すぎに就寝。まだ少し寝足りない感じだが、そこはいつもの貧乏根性でせっかく来ているんだから!と早朝から行動開始。昨日買った菓子パンと牛乳を食べ身支度を整えたら6時に宿を出発する。

まずは牛深ハイヤ大橋へ。設計はレンゾ・ピアノ、ピーター・ライス、岡部憲明、マエダ。レンゾ・ピアノ氏は皆さんご存じの関空の設計者ですね。地元の人たちが朝の散歩をしている。牛深ハイヤ大橋が散歩コースなんて羨ましいかぎりです。
31_20211106134001

32_20211106134001

33

次は牛深南端、下須島へ。
34

35
僕はどこに行っても先端、行き止まり、先っぽを見に行きたくなってしまうのだ。
36
島に入ると朝日が顔を出した。絵に描いたような朝日だなと独り言ちながら、ユリー・シュルヴィッツ作『よあけ』を思い浮かべていた。「おともなく、しずまりかえって…」
37

38

島南端の展望台のある鶴葉山公園に着く。
39
ここから先は道が細くなっていて、途中に階段もあるから自転車は置いてと思ったのだが…。いや待てよ、自転車かついでいけばまた同じ東側の道を戻らずに西側へ回れそうだぞ。そうすれば島一周もできそうだ。人の気配がなく、展望所までの歩道は草に覆われクモの巣が行く手をさえぎる。自転車を片手に枝葉を手で払いのけながら進む。ようやくひらけたところに出たと思ったら一面の雑草に埋もれるようにして一脚のベンチがある。どうやらこれが苦労してたどり着いた展望所らしい。
40
眺めは確かにいいが、ここまで荒れてしまっているとわざわざ来たかいがあったかな…。

さて気持ち切りかえて今日も長い道のりになりそうだ、先を急がねばならないと展望所から下の駐車場まで下りてきたときにはたと気づいた。胸元に引っかけていたサングラスがないのだ。クモの巣をさけるときに前傾したからその時に落としたか?再び展望所まで探しながら戻る。草の間に落ち込んで隠れていないかと草かき分けて探すが見つからない。公園入口まで引き返して探してもやはりない。あぁ~、無理して展望所なんか登らなければ良かったとグチグチ。
41
18,000円もしたからいったん躊躇したが、まあ長く使うものだしと自分を納得させて買ったサングラスなのだ。いやぁ~、痛いな痛い!いつまでも探しているわけにもいかないのでとりあえず忘れることに(あきらめることにと言いたいところだけどその時の自分にはハードルが高すぎました)。

昨日通ったR26はすごく僕好みの道だったが、後半は暗くなってよく見えなかった。もう一度走ってじっくりと味わいたい。
30_20211106134001
店もほとんどなくてコンビニ慣れしている僕らが住むとなったらなかなか大変だろうけど、車通りも少なくサイクリングにはもってこいの道だ。特に僕のような集落、漁村好きにはね。
42

43

44

45

46

天草工業高校のところからは、昨日通ったR324の北側ルートではなくR286の南側を走る。来た道をそのまま引き返すのはあまり好きではない。そのまま来た道を戻るってなんだか損した気になりません?
47

48

49
南側は北側よりも島が多く、立ち止まってシャッターを切りたいポイントがいくつもあった。
50
お昼は、いい景色を眺めながら食べようとあらかじめ買っておいたおにぎり。これはこれで店内で食べる料理よりおいしく感じるものだ。
51

前島に入ってからは傾いてきた西日を気にしつつ、なるべく明るいうちに距離をかせいでおきたい一心でペダルをこぐ。
52

53

天草への入り口、天門橋を渡って1時間ほど走ったころだろうか。ボトルの水がなくなったので自販機で水を買う。何気なく後方のサドルバッグに目をやると、あれ?バッグのゴムひもにはさんであったはずのトラベルシューズがない!サングラスに続きシューズまでも…orz しっかりとゴムひもを張ってはさんでいたはずなのになぜ?
54

55
ひもの固定部がすっぽ抜けちゃっています。一番力がかかる固定部分を接着一発仕上げでつくっているのは設計ミスじゃないのかいと個人的には思いますけど。トラベルシューズはおろしたてだっただけにもったいないな。だけどあきらめろと言われれば、ハイあきらめます。だってこっちはサングラスの1/10の値段でしたから(まだひきずっているサングラスの件)。

一日に落とし物を2回もしてしまってモヤモヤすることもあったツーリングでしたが、終わってしまえばトラブルもいい思い出になるのが旅のいいところですね。往きのルートより少し遠回りしたので走行距離は250km弱でした。
56

| | | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

鳥栖ー牛深 ツーリング①

透き通るような青空に朝の空気が気持ちいい。今回は一泊で天草南端の牛深まで自転車ツーリングだ。
1_20211015144901
今まで宿泊する時はバックパックを背負って走っていたのだが、今回はフレームバッグをバイクにつけて走ってみることにした。
2_20211015144901
結果、やはり体が楽だった。なにより、背中の放熱がバッグに邪魔されず快適なのがいい。今度から宿泊する時はフレームバッグ装備で行くことになりそうだ。

R17→R209→R208と南下。日差しは強いがこのところすっかり秋めいてきて、汗ばんだ肌に涼風が心地いい。

恰幅のいい男性的スタイルの建物が目に入る。
3_20211015144901

4_20211015144901

5_20211015144901
S11(1936)年竣工、今も現役の大牟田市役所だ。いかにも当時のお役所といった雰囲気だが、玄関廻りの花崗岩のディテールといい建物にどことなく品がある。このようなクラッシックな建物を見て思うのは、よく考えて設計し時間と労力を惜しまず施工すると、機能面は徐々に失われてもいつまでも品よく美しい建物として存在できるということだ。これぞ本当のエコロジー的建築と言えるのではないだろうか。

R208→R501で長洲港の横を通り、漱石の『草枕』の舞台となった小天温泉を通過する。
7_20211015144901
この辺りは急な斜面にびっしりとミカン畑が広がっている。僕は何度もここを通っているのだが、毎回立ち止まって見入ってしまう。斜面にはりつくミカン畑と集落のコントラストがなんとも美しいのだ。そして少し行くと、有明海の向こうに雲仙岳を望むことができる。
8_20211015144901

R501→R57で有明海を抱き込むように西へ突き出た宇土半島に入る。
12_20211015144901
ちょうどその中ごろに鉄道フリークにはたまらないであろうJR三角線 網田(おうだ)駅がある。一眼レフを首から下げた人たちがあっちからこっちからと構図を変えてシャッターを切っている。
9_20211015144901

10_20211015144901

11_20211015144901
レトロな駅舎にはオシャレなカフェも併設され、いわゆる「ばえる」人気スポットだ。

お昼過ぎに道の駅 宇土マリーナに到着する。
13_20211015144901
コロナ感染者が徐々に減ってきているからだろうか、お客さんの数がいつもより多い。何のイベントだか確認しなかったが、露店も並んでこちらも人が多い。
14_20211015144901
昼食は海鮮づけ丼。

宇土マリーナから西へ30分ほど走ると、世界文化遺産でNHK 『坂の上の雲』のロケ地ともなった三角西港が見えてくる。
15_20211015144901

16_20211015144901

17_20211015144901
開港当初からある旧高田屋回漕店の潮風にいぶされ色づいた鎧下見の板壁、明治時代の石積み埠頭、その他趣のある洋館が建ち並んでいる。
18_20211015144901

19_20211015144901

天草の入り口 天門橋を渡る。いろいろ寄り道をしてきたせいで、出発から7時間もかかってしまった。少し先を急がないと日が暮れそうだ。
20_20211015144901

21_20211015145001

天門橋を渡り、大矢野島→永浦島→前島→上島と走り、急ぎ足で瀬戸歩道橋を渡り下島へと入る。
22_20211015145001

23_20211015145001
目的地の天草南端に位置する牛深まであと60キロほどだ。R26で海岸沿いに一路南へ。

この道を自転車で走るのはこれが初めてだ。穏やかな内海を左に眺めながら、時々あらわれる小さな漁村を通り抜けてゆく。とても静かな道だ。
24_20211015145001

25_20211015145001

26_20211015145001
僕の好きな映画、萩生田宏治監督の『楽園』のロケ地は天草と聞いたことがあるが、このあたりだろうか。漁村を抜ける細い道を走っていると、映画を観て感じた日常と非日常のあわいに身を置いているような感覚を覚える。
27_20211015145001
すっかり暗くなってしまった。予約していた民宿に少し遅れることを連絡するために立ち止まる。月がきれいだ。風はなく穏やかな波の音だけが聞こえる。

下島に入って2時間半後、ようやく牛深ハイヤ大橋が見える。我が家からもれる明かりが見えたときのような安堵感につつまれる。
28_20211015145001
民宿へ向かいながら空を見上げると、プラネタリウムでしか見たことがないような満天の星が瞬いていた。(一日目終わり)
29_20211015145001

| | | コメント (0)

2021年5月16日 (日)

鳥栖から大村湾一周 往復300キロライド

とうとう佐賀県も梅雨に入ってしまった。今朝から蒸し暑くてもうすでにうんざりです。それにしても梅雨入り早すぎでしょ!例年より27日も早いらしいです。梅雨入りが早いからって早くあけるのかというとそう単純ではないようで、今までの記録から推し量るに期間が長くなることが予想されるとのこと。嫌なこと言うねぇ、天気予報は。ウソでもいいからそういう時はひょっとしたら早くあけるかも?…ぐらいで匂わしてくれなきゃ。そしたら視聴者も、ひょっとしてひょっとするか!とだまされてあげるのに。
さてしょうもない前置きはそれぐらいにしておいて本題に。少し前のことになりますが鳥栖から自走で大村湾を一周し、その後自走で再び鳥栖まで自転車で300キロ走ってきました。
0
夜明け前の3:30出発。武雄に入ったあたりで朝日が顔を出す。
1_20210516120101
ちょっと立ち止まり深呼吸。早朝の澄み渡った空にひんやりした空気。
大村湾一周は東彼杵(ひがしそのぎ)から入る。そこから時計回りで南下、出発から4時間経過の7:30に大村市のサンセット通りに着。朝は車が少なくて走りやすいな。
2_20210516120101
コンビニで菓子パン2,3個とコーヒーを補給。
太陽が照りつける9:45に自転車ひっくり返して何やってんの?見渡す限りミカン畑が広がる坂を上っているとプッシュ~!と嫌な音が…はい、パンクです。まぁロングライドにはつきものですので驚くこともないのだけど、何度聞いても嫌な音だこと、プッシュ~!
後輪外してタイヤからチューブ抜き出し、少し空気を入れて穴の位置をさがす。その穴の位置がどこにくるのか、タイヤに当てがってパンク原因が残っていないかチェック。今回は5㎜ほどの鉄片が刺さっていました。原因物質取り除いたら予備のチューブを装着し空気を入れて完了。20分ほどで復旧、再び走り出す。
3_20210516120101
さて、時刻はちょうど11:00。東彼杵から入ったからちょうど大村湾半周ってとこですね。

4_20210516120101
琴海戸根原というところの南無観古音大菩薩の碑がある公園で一休み。入り江の静かな海が美しく、立ち止まってしばし眺める。
5_20210516120101
お腹がすいてきたころ、ちょうど良さそうな店が目に入る。11:30 琴海形上町の『山小屋』にて昼休み。
7_20210516125501
カツ丼・うどんセットを食す。ひんやりとした店内で日焼け止めをたっぷりと塗り直してと。
6_20210516120101
まだ先は長い。だらだらするわけにもいかず、早々にサドルの上に。
あとは写真も撮らず、ときどき好きな漁村の風景を眺めつつ(漁村と言ってもほとんどは農村集落なのね)東彼杵までひと回り。大村湾一周後は往路をそのまま自走で帰途へ。18:30に鳥栖着。サドルの上で15時間、大村湾一周のサイクリングでしたとさ。

| | | コメント (2)

2021年2月17日 (水)

ネジ固すぎでしょ

今回は自転車のホイールをメンテナンスした話です。
ロードバイクのホイールってピンキリなんですけど、そこそこ評判のいいものを買おうとするといいお値段するんです。〇万円出すと(※注:〇万円と言っても1~2万ではありません)そこそこのもの、〇十万以上出さないとなかなか満足(そのホイールに何を求めるかによって変わりますけど)いくものは手に入らないという何ともディープな趣味の世界。この世界に出入りしている人達は、ちょっとばかりお金の基準が狂っているような気がします。僕も狂っていないとは言いませんが、これ以上はおかしなことになるから…という感覚は今のところ持ち合わせております、はい。
さて、そろそろ本題のメンテの話に移りましょう。今回行ったのはホイールの軸の部分に当たるハブ(あの鉄の細い棒が放射状に出ている中心のところですね)にグリスを補給する作業です。僕のホイールはフルクラムというイタリアメーカーのレーシングゼロ。種類はアルミクリンチャーで2016年以降モデルになります。サイクルコンピュータのログを見ると走行距離7,100km(だいたい5,000kmを目安にグリスアップするようです)。作業手順はググれば数多出てきますので省略(ずいぶん投げやりだなぁ、説明がめんどくさいだけでしょ)。
まずはフロント側から作業開始。ググると2016年以降モデルのハブをばらす際に注意することとして一番初めに書かれているのがこの部分↓
A_20210217170801
先に左側のエンドナットを外したいので、右側は必ず六角レンチ及び六角スパナの二丁掛で回すこと(スパナは5㎜前後の厚さのものでないと入らないので注意。リサイクルショップで買いましょう)そうしないと右側のエンドが先に外れてしまい、そのエンドが取れたままスパナを掛けて回すと頭が簡単になめて残念なことに(はい、部品代¥7,000でございます)。
ただ今回、僕が苦戦したのはこの右側エンドのネジ。まぁ~固かったのなんの!六角レンチが捻じれるぐらいの力をかけて回そうとするのですがビクともしない。これ以上の力をかけるとレンチを差し込んでいる頭が壊れそうだったので、ひとまずクレ556をネジきり部分に流し込んで待機。その後、やっと外れました↓
B_20210217170801
こんな小さなナット外すのに2時間かかった…趣味と言えど我ながらバカらしい。
ナットが外れればあとは簡単です。
C_20210217170801
順々に部品をばらしていくだけ。
D_20210217170801
雨の日は乗らないようにしているし、もちろんバイクは屋内保管ですからグリスも白いままで綺麗なもんです。
E_20210217170801
っで、順番通りに並べて↓
F_20210217170801
シェル側の古いグリスを拭き取り↓
G_20210217170801
分解したアスクル側もクリーニングしたら↓
H_20210217170801
新しくグリスを塗り直して↓
I_20210217170801
慎重に組み立てて完了です↓
J_20210217170801
ここからはリア側になります。フロント側だけで思っていた以上に時間がかかってしまい二日にまたがってしまいました。リア側の手順はフロントとほぼ同じだし、短時間ですぐ終われるでしょと思っていたのだけどこれがなかなか…。
スプロケットがはまるフリー側はすぐにばらせたのですが(リア側はけっこう汚れていますね)↓
K_20210217170801
その反対側のエンドナットが、まぁ~固かった!フロント側でもエンドナット外すのに手こずりましたが、まさかのリア側でも。フロント側に輪をかけて固着している模様でクレ556作戦でもビクともしない。いろいろ調べてみると、固着ネジには、ワコーズのラスペネという潤滑油が効くと書かれていたので藁にも縋る思いで買ってきました↓
L_20210217170801
それにしてもこのラスペネ、どこも店頭販売してないのよ。オートバックス、イエローハット、グッデイ(DIY店)、ナフコ(DIY店)、サカモト(DIY店)と回ったがどこも取り扱いなし。困ってネット検索するとアストロプロダクツに置いてあるとの情報が(初めから検索すればよかった)。そしてようやく丸星ラーメン横のアストロプロダクツで購入できました。しかも価格がクレ556の4倍ぐらいするのよ、高すぎやろ。これで556と効果変わらずだったらどうしようかと半信半疑でラスペネ吹き付けて待機していたのだが…。
あら不思議、エイッ!と力をかけて回すと外れた↓
M_20210217170801
こんな小さな部品ひとつばらすのにどんだけ時間消費させんのよ、フルクラムさん。メンテナンス性を考慮に入れて、あらかじめ設計することの大切さは建築と同じだなぁ~。

| | | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

繰り返し見ること

自分のアンテナにビビッときたものは繰り返し見に行くようにしています。見に行くごとにその印象は変わります。物理的にモノ自体は変化していないので、足を運ぶたびに印象が変わって見えるのは、見ている本人が変わっているからでしょう。自らの気持ちがその時々で変化し、注目するところ、見て感じる印象、それに付随して広がる思考の軌跡が違ってくるからだろう(読書も同じで再読するたびに新たな発見がありますよね)。逆にこの変化を感じられなくなっているときは要注意で、自分が成長にしろ退化にしろ変わっていない証拠ですから、あなた少し考えた方がいいですよとその対象物から諭されていると考えた方がいい。何度も来ているから飽きちゃったなぁなどと言うことは自らが変化している限り起こりえないことなのだから。
僕が繰り返し見に行っている建築、佐世保の親和銀行本店及び懐霄館(かいしょうかん)を見に行ってきました。2月5日が白井氏の誕生日なので、僕の中では白井晟一誕生祭の一環ですね。たまたま僕の誕生日と同じなのですが、建築界のゴッドファーザーと誕生日が同じってだけで意味もなくうれしくなりますね。言わずと知れた白井晟一氏の代表作の一つで、現在の名称は合併により十八親和銀行となっています。1967年の第一期から1969年に第二期、そして1975年に第三期の懐霄館と長きにわたって築かれた大作です。
今回も自転車による建築ツーリングでルートはこんな感じ↓
11_20210208174401
ウルグアイ産黒御影の本磨き 目地無しで仕上げられた筒壁の上に、イラン産白トラバーチン(現在は仕上げが変わっていますが)の本磨きの彫刻的な量塊がキャンチで持ち上げられています。
1_20210208174401

2_20210208174401
隠れてしまっていますが、こちらはのぼれない階段として有名な白御影の袖壁に彫り込まれた装飾の階段です。幅400、踏面290
3_20210208174401
のぼった先は(繰り返しますがのぼれません)露台になっていて建物と一体となった時計があります。
4_20210208174401
第二期時は営業室へと続く入口でした。観音開きの扉になっていますが、元は白井建築でおなじみの円銅製グリル扉の引分け戸でした。
5_20210208174401
彫刻のような濃密なディテールの厚い壁に埋め込まれる入口。
6_20210208174401
こちらは軒裏のトラバーチンに穿たれたダウンライト。誰もマネできない(こんな図面引いて現場に渡したら何考えてんだ!って怒られるか誰も口きいてくれなくなるでしょう)美しいRの面取りがされています。鷺宮の住宅の解体前の見学会でも見ましたが、2階子供室のダウンライトが同じ納め方でした。
7_20210208174401
本店裏側にある第三期の懐霄館ファサード。ごつごつとした重厚感の塊のような外壁は、諫早砂岩の割肌仕上げ野積み。石の厚さは100~150㎜もあります。
8_20210208174401
そこに埋まるように挿入された赤御影 本磨き仕上げのポーチ。
9_20210208174401
側面にはリズミカルに穿たれた開口部。
10_20210208174401
1時間ほど歩き回っていただろうか。白井建築を体験した後にいつも感じる満腹感と疲労感。この頭がクラクラするような感じはいったい何なのだろう。

| | | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

ライドポーチは百均で

今回はサイクリングネタになります。興味のない方にはタイトルから「…?」でしょうけど。
さて、みなさんはロングライドやツーリングの時に携帯必需品のスマホやツール類はどこにしまってあります?
①トップチューブやサドルもしくはハンドルの携帯バッグに?
②いやいや、もっとシンプルにボトルケージのツールボトルの中に入れてます?
③ロング走るのならバックパック背負って行くに決まってんじゃんという方もおられるかもしれませんね。
僕の答えは…
①ロードバイクはなるべくシンプルにまとめたい方なのでバッグはつけたくない
②2ヶ所あるボトルケージの片方には輪行バッグを入れたいからツールボトルもダメ(夏はケージにスポーツ飲料を追加するので、輪行バッグはサドル裏にマジックテープで固定します)
③宿泊ありのツーリングならまだしも日帰りならバックパックは背負いたくない(カメラ背負っていくこともあるから)
っということで、この百均ポーチに↓必需品を入れてサイクルジャージの中央ポケットに携帯しています。
Imgp8963
ライドポーチやサイクルポーチの名で検索すると、各メーカーのものがずらりと出てきます。値段はだいたい2,000~3,000円といったところでしょうか。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょうけど、僕の感覚ではただの単純なポーチにこの値段か…とちょっと躊躇してしまいます(はやく言えばケチ)。まぁサイクリングに限らず趣味用品はどんなジャンルでも割高なのは分かるのですが、その毒された金銭感覚(はい、偏見です)に染まりなくないと考えている僕としては、こんなのだったら百均さがせば同じようなの売ってるでしょと思考は巡り、さっそくダイソー行ったらやっぱりあったというわけです。ダイソーの高額商品300円なり(お客さま、こちら300円商品になりますがよろしいでしょうか?)。
中を開けるとこんな感じでパックしています↓
Imgp8964
それでは取り出して順に見ていきましょう。
Imgp8965
左側にポケットが3ヶ所あり、上のポッケにこれも百均のがま口財布と買い物した時用のポリ袋×2。左下のに緊急連絡先と血液型を裏に記入した免許証のコピー、ボロ布、バンドエイド×3、アルミホイルに包んだインナーチューブ×1、ポリ手袋×1ペア、右下のにリップクリーム。
つづいて右側のメッシュ部にコンビニでもらった手拭き×2、ポケットティッシュ、マスク、コンタクトレンズ。そして百均の防水スマホケースに携帯ツールキット、ミッシングリンク工具、ミッシングリンク×2ペア、補修用の短いチェーン、タイヤレバーをパッキング 以上。
これにスマホを挟んでジッパーをしめたら完了です。ちなみに携帯ポンプはブリジストンのゲージ付きポンプをフレームにつけています。
手で触れるものだし夏は特に汗で汚れますし、スマホや財布取り出すなど開け閉めもわりと頻繁にするライドポーチですから、使っていればそれなりに痛んできます。そんな時、百均ポーチだと気軽に買い換えられますよね↓
Imgp8966
お客さま、こちら300円商品になりますがよろしいでしょうか?

| | | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

島めぐり 戸馳島(熊本県)

熊本県の八代海に浮かぶ戸馳島へツーリングに行ってきました。この島も車で以前来たことがあります(2012年に訪れていますね→『酒蔵・島・灯台・夕日』)。
前に来た時は小学校と灯台を見ただけだったので、今回は島一周しながら集落の雰囲気を感じるのが目的です。
松橋の方からR266で走ってくると、前方にまだ新しい橋が見えてきました。2019年頃にできたようです。
1_20201228115701
このふんわりとした曲線がなかなかいい感じですね。
2_20201228115701
橋を渡って反時計回りに島を巡ってゆきます。道と言うより農道と言う方がぴったりとくる細い道を奥へ。
3_20201228115701
一面みかん畑です。北東に位置するヒゴマリーナの辺りです。戸馳島は全体的に漁村というよりこのような畑が広がる農村のイメージでした。
4_20201228115701
若宮海水浴場に着きました。島の東側にある戸馳島で最もにぎわっているところです。
7_20201228115701
この日は天気に恵まれ日向ぼっこをしている人や釣り人が多かったです。
5_20201228115701
護岸整備がされているので、ここなら子供を連れて釣りに来ても大丈夫そうです。
トイレもきれいなのがすぐ近くに設置されていますし、夏は海水浴客で多いんだろうな。
6_20201228115701
海水浴場を出て海沿いからちょっと内側に入ると一面畑。島だけあって農業用ため池が所々にあります。
8_20201228115701
島南端の車エビの養殖場を抜けてゆくと、以前訪れた戸馳島灯台に続く浜に出ます。
9_20201228115701
せっかく来たから少し歩いて灯台も見に行くかと軽い気持ちで自転車押して歩いたのですが、これがけっこう離れていて…。しかもあまり人が来ないところなので浜から灯台へと続く入口が分かりにくい。一度行き過ぎてしまいました。下の写真見ても入口がどこかよく分からないでしょ。
10_20201228115701
っで自転車置いて山道を登るのだが、ここも少し距離がありましたね。8年も経つともう忘れてしまいますね。
11_20201228115701
12_20201228115701
折れ曲がる折れ曲がる先に…
13_20201228115701
はい、やっと灯台に着きました。門が閉まっているのであまり近づくことはできません。
14_20201228115701
思った以上にここで時間を食ってしまったので早々に浜に下りてきたわけですが、サイクリングパンツにびっしりとひっつき虫が!(正式名はコセンダングサと言うらしい)
15_20201228115701
あぁ~めんどくさいめんどくさいと、ひっつき虫をある程度取り除いたら今度は島の西側を通って北進。途中、ヤマザキYショップ(島唯一のコンビニか?)があったのでパンと牛乳で遅い昼食。この辺りが最も大きい集落のようだ。ちなみに島の人口は1,000人ほどらしい。
島北西端には大きな造船所もありました。
16_20201228115701
島をひと回りした頃には少し日が傾きかける時間に。この後の予定では三角港の方を通って鳥栖へ帰ろうと考えていたのだが、どう考えても時間的に無理そうです。無理しても何もいいことないので、また来た道を松橋方面へ戻り…
17_20201228115701
熊本駅から九州新幹線で輪行しました。あったかい車内でホットコーヒー飲んで、極楽過ぎて輪行沼にはまりそうだなぁ。
18_20201228115701

| | | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

島めぐり 加部島(呼子町)

呼子の加部島を自転車でぶらりしてきました。加部島は好きな島のひとつなので、車ではかなりの回数遊びに来ていますがサイクリングでは初めてだったはず、たぶん。
朝8時ごろ鳥栖を発ってお昼に呼子大橋に到着。
1_20201118155301
荷物はなるべく少なくしたいため、サイクリングジャージのバックポケットと自転車のボトルケージに無理やりパッキング。ロングライドする時はまずは何より荷物を少なくすることが鉄則です(もちろん予備チューブ等の必需品は持って行かなきゃダメですよ)。
加部島漁港にはひときわ大きな建物、田島神社が鎮座まします。
なんども来島していると言ったくせに、横を通るだけできちんと見に行ったことはないんですけどね…。
九州で最も古くからある神社らしいので、今度こそはきちんと見に行かねば。
この佇まいがカッコイイですよね。
2_20201118155301
島の北端、加部島展望台です。牛たちが放牧され、のんびりと草を食んでいます。めっちゃ贅沢なロケーションでしょ。右がクジラ漁が盛んだった小川島で左のが加唐島です。呼子の中心街には鯨組主の中尾家が保存公開されているので、興味のある方はぜひ行ってみてください。バッタリ床几があったり、建築としてもおもしろいです。
3_20201118155301
4_20201118155301
小さな島なので自転車だと簡単に一周できます。
ほとんどがこのような赤土の畑が広がる風景でホント癒されますよ。
5_20201118155301
こちらは僕の中では『ジブリの坂』と名付けていますが、グーグルマップには『加部島の一本道』と見たまんまの表記がされていますね。皆さん、車やバイクを止めて記念撮影しています。自転車で走ると最高に気持ちいい道です。写真見ただけで伝わるでしょ、この気持ち良さ。
6_20201118155301
昼ごはんが遅くなってしまったので、加部島を出て呼子の中心街の方へ。僕は観光地化された所の店より地元の人が行くような大衆食堂が好みなので、こちら『たからや』へ。
7_20201118155301
こちらはたまたま見つけた店でしたが大当たりでした。婆ちゃんが一人で切り盛りされていましたが、元祖ちゃんぽんのような昔ながらの味で、シャキシャキ食感を残したたっぷりの野菜がおいしかった~。あの料理の鉄人 道場六三郎さんのサインがあったり、寅さんの撮影中にお昼を食べに渥美清さんが来ていたりと、その外観からは想像もできないような(失礼!)大物の方々がここのちゃんぽんを食べに来ているのです。呼子に来たらここはマストですね。
再び美しい呼子大橋を見納めに戻ってきたら帰途につきます。
71
唐津青翔高校を過ぎて、ちょっと行ったところの204号沿いにカッコイイ建物発見。この足元の石積みといい板張りの古び具合といいそのプロポーションといい、かぁ~、カッコ良すぎでしょ。ひとしきり行ったり来たりしました。
8_20201118155301
っで最後はまたまた鳥栖まであと40キロのところで、こんなものがタイヤに刺さって…
9_20201118155301
不幸中の幸いで裏返すとこんな感じで風化して短くなっていたので、そのまんまチューブ交換することなく鳥栖まで帰れましたけどね。やっぱり一晩放置していたらスローパンクで空気がすべて抜けていました。
10_20201118155401
最近パンクが続きますなぁ~。
今回のルートはこんな感じでした。
11_20201118170501

| | | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

由布院の隈建築

九州に住んでることもあって由布院へは何度も遊びに行っている。学生の頃は主に建築を見に行っていた(あっ、今もあんま変わってないか)。今はなき由布院美術館(設計:象設計集団)に末田美術館(設計:原広司)、あとは磯崎新さんの改札がなくて有名な由布院駅、その横に後にできた坂茂さんの情報センター、環 設計工房の玉の湯とまぁ上げればいろいろあります。ただ有名どころでまだ見ていないものがあり、それが今回の目的地 隈研吾さん設計 COMICO ART MUSEUM。
今回もいつものように自転車での建築ツーリングです。朝8時に出発。途中、この間の大雨による被害状況を見るために天ケ瀬温泉街に。
1_20201102164801
現地を見るとその凄まじさがよく分かります。当然ながら、店も閉めているところが多いです。まだまだ元通りになるには時間が必要だなこれは。
2_20201102164901
跡形もなくなった橋、想像をはるかに超えた自然の力…。
ちょうど正午に由布院に着きました。児童公園の向こうに見える建物が今回の目的地です。
3_20201102164901
通常営業時はガイド付きらしいのですが、コロナ禍の今は入場制限及び1時間の時間制限付きになっています。
まずは原研哉さんのロゴがお出迎え。
5_20201102164901
次の入場時間まで30分ほどあったので、周りをぐるりと散策。建物の外壁は焼杉ですが塀は塗装のようですね。
4_20201102164801
内部はアーティストごとにスペースが割り当てられています。ギャラリーⅠは村上隆さんのスペース。
6_20201102164801
各スペースは、一度外に出てからそれぞれアプローチするかたちになっています。
透明ガラスを通して向こう側、水盤を挟んで次のギャラリーが見えます。
7_20201102164901
そしてギャラリーⅡへのアプローチはこのような軒下空間です。隈研吾さんのにおいがしますよね。根津美術館とオーバーラップします。
8_20201102164901
鉄骨の垂木に木毛セメント板の軒裏。焼杉のランダム巾の外壁。
9_20201102164901
10_20201102164901
ギャラリーⅡは杉本博司さんの海景シリーズが展示されています。この写真だと水盤が分かりやすいですね。ルーバーの下を通して外から水と光を導いてきています。
11_20201102165001
ギャラリーⅡを出て次は2階へ。段板を斜めに加工して薄く見せる。
12_20201102165001
手すりもこの通り薄く、白い壁と相まって軽く軽く。
13_20201102165001
階段上がってすぐのピクチャーウィンドウ。
14_20201102165001
壁・天井共に水紋和紙貼りの通路を進むと、
15_20201102165001
16_20201102165001
パッとひらけてラウンジに。
屋上庭園には奈良美智さんのYour Dog、背景には雄大な由布岳。
17_20201102165001
18_20201102165001
ラウンジはもう少しディスプレイをにぎやかにした方がいいかな。見た感じスッキリとしているが少し寂しい印象。
19_20201102165001
美術館を出て14時過ぎに帰途に。山越えしないといけないので暗くなる前に帰りたい。そう思いながら走っていたのだが、玖珠町の金毘羅うどんで遅い昼食をとって走り出したところ後輪がパンクしていた。こんな時に限ってトラブルんだよな、まだ鳥栖まで70kmちょっとあるっていうのに~!でもパンク程度では慌てませんよ。予備のチューブと携帯ポンプ持参ですから、ちょちょいのちょいでチューブ交換できるんだもん。備えあれば患いなし、なんくるないさぁ~と再び走り出す。15分ほど経ったころだろうか、なんかおかしいぞ…まさかの再パンク!!ちゃんとタイヤをチェックして予備チューブに交換したつもりだったのに甘かったか。どうにかして近くの駅までたどり着かねば。パンクしているタイヤに空気を足して重心を前輪の方に乗せながら慎重に走る。あぁ~良かった、天ケ瀬駅が見えた、助かった~!!薄暗くなった空を見上げてホッと安堵のため息。
電車の時間まで1時間ちょっとあったので、駅前の足湯で温まる。ホント駅までたどり着けて良かったよ~。
20_20201102165001
ゆふいんの森号でホットコーヒーと焼きドーナツを食べながら車窓の風景を眺める。ハァハァゼェゼェと息上げて山越えするところがたった1時間で鳥栖着。やっぱ輪行は楽だわ。
21_20201102165101
帰宅後、パンクの犯人捜し。やはり、こちらにいらっしゃいました。
22_20201102165101

| | | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

針生送信所がすごかった

針生送信所を近くで見てみたいと思いロードバイクで一走りしてきました。西海橋にはもう何度も行っていますが、送信所の塔を遠くから眺めるだけで近くで見たことはありませんでした。
マップも何も頭に入っているのでとりあえずいつもの西海橋まで。昼過ぎごろ到着。
1_20201026151401
この日は秋晴れで日向はポカポカでしたが、風がひんやりとして首にはバフを一日中巻いていました。まぁ少し肌寒いぐらいがサイクリング日和ですけど。
そして西海橋に来たらしばしば寄る漁村 伊ノ浦郷へ。ここから眺める西海橋がまた格別なのです。でもあまり皆さん知らないのかな?釣り人はいるが観光客の姿は見かけません。確かに車で行くにはかなり細い道を通らないといけないからなぁ。そうそう言い忘れていましたが西海橋が重要文化財に指定されたそうです。確かにこの構造美は何度来ても見飽きませんね。
2_20201026151401
針生送信所もきれいに見えます。漁船越しの塔ってのもまたいいでしょ。
3_20201026151401
伊ノ浦郷を30分ほど散策していよいよ今回の目的地、送信所へ。
4_20201026151401
近くで見ると当たり前と言えば当たり前ですがデカい!!自転車といっしょに見るとその巨大さがよく分かりますよね。高さ約136mです。
5_20201026151401
驚くことは築100年経てこの美しさだってこと。しかも潮風にさらされてですよ。ここまで美しいコンクリート見たのは初めてかも。
6_20201026151401
とにかく何度も言いますが、コンクリートの肌が美しい!繰り返し手のひらをスリスリペタペタしてきました。いやぁ~、これには驚きました。
大正7年に着工され3年半後の大正11年春に初めの1本目が完成しています。当時の佐世保は艦船を係留する岸壁などをつくっていたこともあり、コンクリート構造の高い技術を有していたとのこと。かなり丁寧に施工された模様ですがそれにしてもの出来栄えです。それにくらべて時代は下った今日のコンクリートは…。やはりモノは手間をかけた分だけということでしょうね。
7_20201026151401
っということで今回は鳥栖ー針生送信所 往復207kmでした。
針生送信所は観光地としてはあまりメジャーじゃありませんが、あのコンクリート構造物は一見の価値ありです。特に土木・建築やってる人には特におススメです。
A_20201026151401

| | | コメント (0)